死刑囚の執行、法務省の公開文書で選んだ理由は黒塗り 

 

法務省は今年7月に2人、12月に2人の計4人の死刑を執行した。

12月27日時点で収容中の未執行の確定死刑囚は122人。

このうち95人は再審請求中という。

 

執行された4人のうち3人も再審請求中で、再審請求中の執行は17年ぶりだった。

朝日新聞は法務省に情報公開請求をし一部文書の開示を受けたが、ほとんどは黒塗りで執行の詳細はベールに包まれている。

再審請求中に執行された1人は犯行当時19歳の少年。

元少年への執行は20年ぶりだった。

再審請求をしなかった1人も、1人殺害で死刑となり、その是非が裁判で争点となった。

法務省がこうした今まで踏み出さなかった死刑囚の執行を進める中、朝日新聞は7月に執行された2人について情報公開制度を用いて死刑執行命令書など計7種類の開示を受けた。

執行までの手続きの一端が明らかになった。

女性4人を殺害した西川正勝元死刑囚は2005年6月の判決確定から約5カ月後、元同僚女性を殺害した住田紘一元死刑囚は13年3月の判決確定から約4カ月後、高検検事長から法相に、執行命令を求める「死刑執行上申書」が提出された。

確定から6カ月以内に執行するよう定めた刑事訴訟法をふまえたものとみられる。

西川元死刑囚はその後、再審請求を繰り返した。

執行対象者は同省刑事局が選定するとされるが、2人が選ばれた経緯は開示された文書からは不明だ。

執行に向けた手続きが始まるのは、法務省矯正局・保護局幹部計6人の押印がある今年7月10日付「決裁・供覧・報告」という文書。

それぞれ25枚と10枚あったが、開示されたのはいずれも確定判決と執行命令の文案が示された4枚分のみ。

 

残りは黒塗りだった。

 

  • 再審請求すれば死刑を執行されない。そんな流れがあったから死刑反対論者は確定死刑囚に再審を進める。その流れを断ち切った今回の執行は賛成
    今回の2人は冤罪の可能性はなかった
  • 逆に執行されない人たちの理由を知りたい
  • 確定したら、即執行で良いと思う。
  • 長期間刑を執行しない事は遺族や刑務官の心理的な負担が大きくなるのを考慮して、定められた期間内に行うべきだと思う。
  • むしろなんでこんな時間がかかってるのか?その理由が知りたい
  • 施行されない理由の方が知りたい。最高裁判決で確定した後は速やかに施行されなければならないはず。
  • 死刑執行のサインしないと堂々と言ってた法務大臣居たが
    こんな人物を大臣にした任命責任の問題が問題に成らないのが不思議だった
    法務大臣サインは執行者名無しで、人数と日時の事務処理で良いと思う
    既に裁判は結審してるのだから、形式だけのサイン無しで執行出来ないのは本末転倒だ
  • どんどん処理してしまえ論調がほとんどだが、
    説明能力、証明能力がなく、
    また恫喝に屈して冤罪でそのまま終わった人も
    わりといそうな気がするが。。。
  • 本当に再審請求したいなら、
    マスコミに公開しどう言う理由なのかを、
    明らかにするべき。
  • こんな真っ黒なら出す意味あるのかな?まあ、出さなくてもいいけど。
  • マスコミは死刑執行があたかも悪いことのような論調で伝える場合が多い。10年も20年も執行されていない方がおかしい。法務大臣も英断を持って粛々と任務を果たしてほしい。麻原が執行されないのはなぜ?衣食住医療まですべて税金、何のための裁判なんですか?!
  • まぁでも、死ぬのが確定してて何年も生かされるのもめちゃめちゃ怖いけどな
  • 選んだ理由というよりも、刑が確定しているのに執行しない理由がないでしょう。
  • 客観的にみて再審するに足る理由があるのか
    それともただ引き伸ばしに過ぎないのかが問題であって
    ただ再審請求中かどうかは問題ではないと思う。
  • 死刑は気の毒だと思われるけど それなりの事案かと思うし 死刑制度が少しでも犯罪が減るならば致し方ないと思うし 青少年に如何に犯罪がリスクを伴い生きるという日常の厳しさを説いて欲しいものです。

 

死刑執行より長年待たされるのが苦痛の刑なのか・・・

刑務所で生かされるにも税金はかかるのですから・・・

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,