呂律が回らない“浪速のジョー”をリアルに描いたNHKに称賛の声

 

“浪速のジョー”こと、辰吉丈一郎。現在、47歳。

一応、現役のボクサーだ。

しかし09年3月、タイでの敗戦からリングに上がっていない。

よって、無収入。

 

それでも、上がれるリングがあるという可能性を信じて、一日たりとも練習をさぼらない。

すでに国内ライセンスは剥奪されているため、次の試合は未定。8年もファイトマネーを手にしていないため、無職。

出口が見えない迷路をいまださまよいながらも、練習を続ける往生際の悪さ。それこそが、ジョーなのだ。

年上の妻・るみさんは何度も、「もう辞めて」と引退を勧告。

すると、「おまえが悲しむことはしない。おまえが悲しむなら、辞める」と素直に応じるも、その数分後、練習道具を詰め込んだカバンを持って、家を出る。

妻は、見慣れた夫の後ろ姿を見て、ニンマリする。

ジョーがるみで、るみがジョー。

伝説のカリスマプロボクサー・辰吉丈一郎は、辰吉るみでもあるのだ。

 

そんな2人の今を伝えたのが、NHK総合の『ノーナレ』。

タイトルどおり、ノーナレーションのドキュメンタリー番組だ。

“ドキュメンタリーはナレーションありき”という映像業界の常識を逆手にとって、撮れた画、発した言葉をそのまま流す。

ダイレクトに心に響くいっぽう、ナレーションなし、テロップに依存しないシンプルさは、不親切といえる。

目を凝らして、耳をすませて、神経を集中させて身を投じなければ、理解できないからだ。

優しくなりすぎた昨今の番組制作に異論を唱えるように、徹頭徹尾、視聴者を突き放す。

それはさながら、辰吉の生き方でもある。

頼らない。媚を売らない。社会不適合者。

われわれがふと、「昔はよく観たなぁ」と20年以上も前のリングに思いを馳せるのは、不親切で不器用な男の生き方が、とてつもなくカッコよかったという残像があるからだ。

12月18日には、「辰吉家の常識 世間の非常識」というタイトルで放映された。

るみさんの親が経営する喫茶店で、2人そろってインタビューに答え、辰吉の練習、仲間とのBBQにもカメラが潜入。

テレビ収録であるにもかかわらず、辰吉は遅刻。

反省の色は、さほどない。

眼窩下底骨折の悪影響か、両目の視線が定まらず、呂律も回らないパンチドランカー状態。

日本国民を熱狂させた一流アスリートのその後としては、目を覆いたくなる実情だ。

 

同番組は過去に、元やくざのうどん屋、ゲーマー夫婦、パーソナルスタイリスト、荒海で働く漁師、元棋士のひふみんこと加藤一二三、見当たり捜査員、北陸のすし職人ほか、多くの人間にスポットを当ててきた。

今年最大のヒット回が、この辰吉夫婦。

放送中・直後から、絶賛の声がツイッターや局に続々届いたという。

定点カメラでその業界の3日間に密着する同局の『72時間』と同じく、人の魂が詰まっている『ノーナレ』。

 

辰吉夫婦の回は、18年1月7日に再放送を予定している。

魂が揺さぶられっぱなしになること、間違いなしだ。

 

  • 強い意志 強い絆 うらやましい。美人で、繊細で、機転が効いて、面白い。
    プロフェッショナルには最高の奥様ではないでしょうか。わたしにも憧れの奥様でした。
  • かっこいい。辰吉丈一郎、るみさん。
    子供の頃からのヒーロー
  • 二人のやり取りが、楽しかったです。うまく言えないけれど、これが、愛すると言う事なんだなと思いました。ほろりと、涙がでました。
  • 夫婦が成り立って入ればそれでいい。
    お互いに助け合ってこそ夫婦。
  • いやあ、感動的というか、悲しいというか。辰吉は、すごい奴としか、言いようがない。
  • 周りにいない夫婦だから興味がある。
    他の家の中って気になるんだよね。
    人には言えないけど。
    そんなかゆい所をかかせてくれた番組。
  • 二人のやり取りが、楽しかったです。うまく言えないけれど、これが、愛すると言う事なんだなと思いました。ほろりと、涙がでました。
  • 私の子供の頃の憧れでした。今でも理想の漢(おとこ)だと思います。辰吉丈一郎は私の永遠のヒーローです!!
  • 面白かった。るみさん最高。
    時間短すぎます、せめて一時間の特番組んで下さい。
  • 辰吉の大ファンとして、応援すべきか応援してはいけないのかいつも考えさせられます。この番組では、宮崎さんの重い言葉が刺さりました。
    そして、るみさんの辰吉の妻だからという理由がとてもステキでした。それが全てなんだろうなぁと妙に納得でした。
    岸本さんのエピソードもとても面白かったです。
    辰吉の特集をしていただいて、本当にありがとうございました!!!
  • 辰吉夫婦を見てると本当に元気をもらいます。これからも、るみさんは憧れの女性だし、辰吉夫婦は私にとって神です。また特集をしてほしいです。楽しい番組ありがとうございました!
  • 本物の夫婦愛を感じました。本当にすてきな夫婦ですね。辰吉さん、るみさん最高です。ただ放送時間が短すぎる、第2弾お願いします。
  • 現在の生の辰吉選手とるみ夫人。
    貯金を切り崩して、試合のアテもないのに、ひたすら地道な練習を続ける毎日。
    辰吉選手はボクシング道を極めようとしているのだろうか。
    答えは、一番ほしいものと聞かれて、るみさんが言った「チャンピオンベルト」なんでしょうね。
    まばゆい光を放った時代の寵児が、誰に何を言われようとも、己の道を続けていくというのがすごいと感じました。
  • 辰吉さんとるみさんの一貫性ある姿勢と一語一句に、感動で涙しながらテレビ画面に釘付け状態でした。
    るみさんの大ファンになって10年以上経ちましたが、私の中で永遠に憧れの存在です。めっちゃ綺麗で本当に素敵やし面白くてカッコイイ!!と思ったあの日から、今も同じ気持ちです。
  • テレビは普段ほとんど見ないが辰吉の番組だから見た。辰吉の特集もっともっと放映すべき。

 

NHKもたまにはいい番組つくりますね。

 

 



-エンタメ, ゴシップ, スポーツ, 話題
-, , , ,