4番ファースト清原くん 小6で巨人デビュー!

 

NPB12球団ジュニアトーナメント(27日、札幌ドーム)巨人などで活躍した元プロ野球選手、清原和博氏(50)の次男・清原勝児投手兼内野手(12)が27日、

この日開幕した「NPB12球団ジュニアトーナメント」(29日決勝、札幌ドーム)で巨人ジュニアの「4番・一塁」として阪神ジュニア戦に先発。

3打数無安打だったが、父と同じユニホームに袖を通し、小6で早くも“巨人デビュー”を飾った。

 

試合は4-5でサヨナラ負けした。

 

サヨナラのランナーが生還すると、1メートル65と大柄な勝児一塁手はナインとともにがっくりと肩を落とした。悔しさを押し殺し試合を振り返った。

「1ストライクからだと自分のバッティングができないので、(早いカウントから)ガンガン攻めていった」

第1打席は一回二死三塁で右飛、四回一死一塁の第2打席は遊ゴロだった。

4-4の同点で迎えた六回は先頭で中飛。

言葉通り積極的にバットを振ったが3打数無安打と快音はなし。

だが、一塁の守備では何度もファウルゾーンのフライに飛び込むなど、闘志あふれるプレーでチームをもり立てた。

 

普段は東京・港区の少年野球チーム「オール麻布」でプレー。

9月には巨人が主催する「ジャビットカップチャンピオン大会」で準優勝に輝いた。

今大会に臨んでいるジュニアチームは7月から選考会を開催。90人が参加する中、16人のメンバー入りを勝ち取った。

「4番・一塁」は清原氏の全盛期と同じポジション。

 

父親ゆずりの右の強打者で「(長所は)長打力です」と胸を張る。背番号「6」は父とは縁がないが、

「やっぱりジャイアンツが好き。坂本(勇人)選手みたいになれるように」

との願いを込めている。

2014年に両親が離婚し、現在は親権を持つ母でモデルの亜希(48)と生活。

亜希はこの日、スタンドに駆けつけて声援を送った。

 

28日はヤクルト戦を行い、B組(阪神、巨人、ヤクルト)で1位なら29日の準決勝に進む。

「相手が誰であろうと向かっていく気持ちは変わらない」

と逆襲を狙う。

 


2008年10月1日、オリックスで現役引退した清原氏は京セラドームで行われた引退セレモニーで息子2人を抱き寄せ、涙をみせた。

 

お父さんも観たかったでしょうね・・・

 

 



-スポーツ, 話題
-, ,