菊地直子 元信者の無罪確定

 

1995年の東京都庁小包爆弾事件で殺人未遂ほう助罪に問われた元オウム真理教信者の菊地直子被告(46)の上告審で、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は27日までに、逆転無罪とした二審東京高裁判決を支持し、検察側の上告を棄却する決定をした。

 

25日付。無罪が確定する。

 

教団による一連の事件の裁判は、約17年間逃亡した後、地下鉄サリン事件の殺人罪などで起訴された元信者高橋克也被告(59)=一、二審で無期懲役判決、上告中=を残すのみとなった.

一連の事件で全面無罪は2人目。

 

第1小法廷は、有罪とした一審東京地裁の裁判員裁判判決は、事実誤認があり

「破棄して無罪とした二審判決の結論は是認できる」

とした。

 

事件は地下鉄サリン事件の2カ月後に発生。

捜査かく乱を狙った教団は、爆弾を仕掛けた小包を送り、都職員が重傷を負った。

裁判の争点は、菊地元信者が教団アジトに運んだ薬品が、無差別テロに使われるとの「認識」があったかどうかだった。

直接証拠はなく、元信者は「知らなかった」と、一貫して無罪を主張していた。

 

2014年6月の一審東京地裁の裁判員裁判は、実行役の井上嘉浩死刑囚(47)の証言などから

「殺傷に使われる危険性を認識していた」

として、懲役5年の判決を言い渡した。

 

15年11月の二審東京高裁判決は、証言は事件から長期間たっているのに詳細過ぎて不自然だと指摘。

「人を殺害するための原料を運んだという認識を認定するには疑いが残る」

と無罪とし、元信者は即日釈放された。

 

第1小法廷は、一審判決が元信者の認識を推認した過程には、飛躍や過剰な点があり、不合理だと指摘。

殺人未遂ほう助の意思は認められないとした二審判決の結論を支持した。

5人の裁判官全員一致の結論。

 

元信者は、都庁事件直後、地下鉄事件の殺人容疑で特別手配された。

約17年後の12年6月に相模原市内で発見され、逮捕された。

地下鉄事件などは不起訴となり、都庁の事件だけで起訴された。

 

最高裁決定に対し、検察側は28日までに異議申し立てをすることもできるが、結論が覆ったことはない。

 

  • 当時、事件後間もなく逮捕されていたら、同様に無罪だったのだろうか?
  • あれだけ大きな事件に関わった人間が、無罪はありえない。裁判はこれがあるから怖いわ。
  • テロ組織の一員であった事には、違いない。
    知っていたか、知らないかが重要だろうか?
    逃亡していると言う事は、罪を犯した認識があると普通は思う。
    逃げ得は、被害者にしたら許せないだろう。
  • 無罪の人をマスコミは
    走る爆弾娘とか名付けて
    散々叩いてたんだよな…。
    松本サリン事件の河野さんも
    然りだ。
    それに釣られて騒ぐ阿呆は
    本当に救いようが無い馬鹿
  • これって、法的には冤罪ということで、菊地直子さんに対して、莫大な国家賠償金が支払われるということなのかな?
  • この人の人生なんだったんだろう?人生の半分近く逃亡の生活で、いつ捕まるんじゃないか?とビクビクしながら過ごす・・。
    そして捕まって無罪・・。
    私は無罪はありえないと思いますけどね。じゃないと逃げませんよ。
  • こう言う判決を見ると、裁判員制度とは何か
    そして、制度を軽視しているようで、非常に疑問を感じる。
  • 何年も逃げ回ってた犯人が、なぜ無罪に?
  • 有罪よりもシャバでの生地獄がきついだろう。
  • 刑罰が軽いのは、100歩譲って理解できるけど無罪はありえない。被害者の心情や立場に沿わない誤った判決
  • 全く情けない。裁判のための裁判かよ。隅をつついて、社会の浄化のなんの役にもたたない司法。
    、他国ならオームはそれだけで拘束逮捕されてもいいものだ。公平の線引きの勘違いもはなはだしい。まるで放送協会みたいだよ。
  • ずっと指名手配されていたのに無罪なら、一生懸命探してた警察は何だったの?
  • 坂本弁護士一家失踪(後に惨殺判明)・松本サリン事件・弁護士VX殺人未遂つぎつと事件起こっていた。
    公安警察 指すら咥えず傍観以前の穀潰し卑怯者集団が諸悪の根源。
  • もともとは 普通の人ばかりです 悪いのは 人を騙す詐欺宗教です。
  • オウムに関わったことをしっかりと肝に命じて、しっかりと生きて。
  • 日本の司法の腐敗が止まらない。何でも有りの異常な国だよ日本。宗教、在日、帰化人が絡むと無罪、冤罪が成立する偏向判決が多いのでは?弁護士会の罪は大きいね?

 

どう感じられますか??

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,