大阪・箕面の4歳男児死亡 日常的に虐待か?母親ら3人殺人容疑で逮捕

 

大阪府箕面市の集合住宅で全身にあざのある4歳男児が見つかり、搬送先で死亡した事件で、大阪府警は25日、殺人容疑で母親の筒井麻衣容疑者(26)と同居の交際相手、松本匠吾容疑者(24)、同容疑者の友人の大倉敏弥容疑者(20)=いずれも無職=の3人を逮捕した。

 

死亡したのは筒井容疑者の長男、歩夢(あゆむ)ちゃん(4)。

松本、大倉両容疑者は府警の調べに

「言うことを聞かないので殴った。死ぬんじゃないかと思っていた」と供述。

 

同居後に日常的に虐待していた疑いがある。

一方の筒井容疑者は「以前は殴っていたが、今回はしていない」と容疑を否認。

松本、大倉両容疑者について「普段から教育と称して暴力を振るっていた」と話している。

 

司法解剖の結果、歩夢ちゃんの死因は腹部の内出血だった。

捜査関係者によると、全身に10カ所以上の打撲痕が確認された。

 

現場の部屋は逮捕された3人と歩夢ちゃん、次男(2)の5人暮らし。

筒井容疑者と松本容疑者は約1カ月前に交際を始めたばかりだった。

松本容疑者が友人の大倉容疑者を引き連れ、転がり込むような形で同居するようになった。

 

逮捕容疑は共謀し24日午後11時〜25日午前2時10分ごろ、自宅で歩夢ちゃんの腹部を殴るなどして殺害したとしている。

 

筒井容疑者は110番通報する前に松本、大倉両容疑者を部屋から逃した。

「かばおうと思った」と供述している。

その後、両容疑者は現場近くの交番へ出頭した。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,