弘前大 アカハラで教員処分「卒論条件で俺の結婚相手探せ」? 

 

指導する学生たちにハラスメント行為や不適切な言動をしたとして、弘前大学(青森県弘前市)は25日、人文社会科学部の30代男性教員を15日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。

男性教員は同日付で辞職したという。

 

記者会見した吉沢篤副学長らによると、男性教員は昨年10月、当時のゼミ生8人(女性6人、男性2人)に卒論の指導を受ける条件を列挙した文書を配布。

「指示を完全遂行する」

「アルバイトを辞める」

「合宿では徹夜で懇親を深める」

「OB会に参加する」

ことなどを強いる内容だった。

 

「課題解決の実現(実現するまで無期限)」という条件もあり、これは男性教員の結婚相手を探すという意味だったという。

 

ゼミ生8人が5日後に大学側に苦情を申し立て、職員懲戒等委員会が当事者らに事情を聴いた上で処分を決めた。

 

文書の内容については

「明らかに常軌を逸したものや教育者としての見識を疑わせるものが含まれている」



と結論づけた。

 

また、男性教員がゼミの特定の女子学生らと車で県外へ日帰りの調査旅行をしたり、頻繁に食事に行ったりしていたことも判明。

女子学生らを学内で深夜まで指導したり、女子学生2人を自宅に呼んで指導したりしていたこともわかり、処分の理由に加えた。

 

大学側は

「教員と学生の立場の違いをわきまえないような行為だった」

としている。

 

男性教員は事情聴取に対し「大変反省している」と話したという。

ゼミ生8人は申し立て後、他のゼミに移り今年春に卒業した。

 

やはり在学中には問題提起できなかったんでしょうね。

こんな教員はまだまだ山ほどいますね。

 

  • 成熟した大人でなければ、大学の教員になる資格を与えないようにして欲しいです。
  • アカハラか、ほんとはセクハラの方じゃない。
    そのうち教える人はみんなAIになりそう。
  • まだ30代ということもあって、学生との間に取るべき距離感をわきまえていなかったのだろう。大学側のコメントは正しい。当の学生たちがどう感じているかも考えず、学生たちと勝手に「友だち」のような気分になっていた。教員は学生を「友だち」にしてはいけない。…まったくコドモだよね。この元教員自身が。
  • 大体なんで、合宿で教員が楽しもうと思っとるんや?あんたは仕事の一環やろ
  • アカハラ、セクハラ、モラハラ、パワハラ・・・もう「なにハラ」のネーミング、やめません?
    全部「セクハラ」と勘違いされる。使う側はそれを狙ってるんだろうけど。
  • 30代の、人文系の大学教員。
    最近、人文系の研究者になることは、かなりの努力と、幸運が必要。それを手にしたのに、なぜそんなバカなことをしたのか。
    本当に理解できない。
    まあ、おかげで空いたポストに別の優秀な若手が採用されて日の目を見るんだろうけど。
  • どこかの宗教団体の洗脳ですね。
  • この教員はゼミ生に自分の結婚相手を見つけてもらう?結婚相手になってもらう?ような文書作成して配布したのか。
    必死過ぎるだろ。
  • なんでもかんでも、パワハラ、アカハラ
    若い人間がこの国を壊していく。。
    気づいたら、いつのまにやら「焼け野原」w
  • あまりのバカさ加減に絶句。
  • 学生よりおバカなのに偉そうな教員か
  • 30歳で自分はまだ学生気分なのね

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,