女性凍死、プレハブで長期監禁か!?

 

大阪府寝屋川市の民家で33歳の女性が亡くなっているのが見つかる事件があり、この女性が両親に長期間監禁されていたとみられることが25日、府警への取材で分かった。

死因は凍死で、府警捜査1課は監禁が死亡につながった可能性もあるとみて、死体遺棄容疑で逮捕した両親から詳しい経緯を聴いている。

 

死亡したのは同市秦町の柿元愛里さん(33)。

23日に父親の会社員泰孝(55)、母親の由加里(53)両容疑者が寝屋川署に死体遺棄容疑で逮捕された。

同課によると、愛里さんは2人の長女で、死因は低栄養などによる凍死と判明。

 

2人は

「長女には精神疾患があり、16、7歳から自宅の一室に監禁して療養していた」

と供述している。

 

目立った外傷はなかったが、体重は19キロしかなく衰弱していたとみられる。

室内に2畳ほどのトイレ付きのプレハブ小屋を設け、外から二重扉で施錠。

タンクからチューブを伸ばし水分を取らせるなどしていたという。

 

18日朝、動かなくなっている愛里さんに気付いたが5日間放置し、23日になって同署へ届け出た。

 

  • 精神疾患があったからと言っても、
    この両親に娘への愛情があったとは思えない。
    凍死といっているが、餓死でもあったと思える。
  • 精神疾患が有ったのは大変な苦労だったと思うが監禁の他に
    何か手立ては無かったのだろうか、と思う。
  • 比較的温暖な地域なので凍死は珍しいんじゃないかな。
    やっぱり栄養不足はダメだな。死に直結すると思うし、色々な思いがあったにしても普通に殺人だと思う。誰かに相談出来なかったのかな。
  • これ、どう考えても虐待殺人でしょう。
    チューブで水分取らせる必要ある?
    彼女の存在を知ってる人は周りにいなかったのかな。。。
  • この親のせいで、精神疾患があったのではとまで、考えてしまう。
    親が異常でしょ。隠したいという気持ちはわからなくもないけど、監禁?体重19キロ?実の娘を?
    十数年、どんな気持ちで娘は生活していたのか…いたたまれない。
    ご冥福をお祈り申し上げます。
  • 普通に殺すよりひどいと思うんだけど
  • 学生のころ、ある観光地の旅館で夏にアルバイトした。
    宿舎に隣接する別の旅館があり、陽のあたらぬ北側に鉄格子の部屋の窓があり鎖のような金属的な音と共に奇声が毎日聞こえた。見たことはないが何者かがいた。詳しい事は誰も教えてくれなかったけど、想像はついた。以前はそういう状況にあるところが実は普通に多かったのかもしれないです。
    その後、あの奇声の主はどうなったのかな?当時を思い出してしまった。
  • 娘も、精神疾患がありますがきちんと喜怒哀楽を表現します。お腹がすいたら怒るし、どこまでの精神疾患があったかはわかりません。大変なのもわかります。一緒に死にたくもなりました。でも、餓死させるのは違うと思います。
  • 「獄門島」等の横溝正史作品を思い出した。昔の日本には、実はあったかも。
    家族を責める人も多いだろうけど、精神疾患の人を身内に持つっていうのは相当大変だと思う(私の場合は亡くなった父親がボーダーで、それでも結構たくさん嫌な思いをしました)。病院も預かってくれなかったのかな。事件の詳細を、知りたいような知りたくないような。
  • 悲しい、本当に悲しい・・、 何も力になれない自分も悲しい・・ 私たちで、社会で、国で何とかならないものだろうか、なんとかしてあげられないものでしょうか・・
  • 19キロって。このニュースを知ってどうしようもない辛い気持ちになった。義務教育まではちゃんとやっていたらその後は行政は入ることはないからこうなるのかな。悲しい事件。
  • 親なら何してもいいって考えを持ってる人多いですよね。他にもまだ知られていない子どもがいると思う。
  • これで両親は、肩の荷が下りたのか?
    他に下の兄や弟、それに妹が居そうだが、それらも見て見ぬ振り?
    監禁されていたなら、喚き声だとか少なくとも数年~聞いて育っていると思うが。
  • 親には病気に対する偏見があるんだね。50代で若いのに不思議。そういう地域なのかな?
    とっとと初期に投薬治療を開始していたら普通に生活できるのになぁ!ビョーキに囚われた結果殺人鬼と化してしまった

 

13年かけて殺したんですね・・・

惨すぎます。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,