貴乃花がタニマチに明かした「本当のワルは白鵬」「私は完全にハメられた」

 

元横綱日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が発覚して以降、貴乃花親方(45)は沈黙を守り続けている。

それゆえ、胸中を窺い知ることはできないが、実は、限られた味方には偽らざる心情を吐露していた。

 

〈白鵬(32)が共謀〉――。

 

そんな苛烈な言葉も混じる貴乃花親方の肉声とは、どのようなものだったのか。

***

頑なに口を閉ざしたままの貴乃花親方は、孤立無援の状態。

とはいえ、長年支援を受けてきた何人かのタニマチには、相談を持ちかけている。

 

そのうちの1人に聞くと、

「報じられている通り、捜査の目途がつくまで、貴乃花親方は相撲協会による貴ノ岩の聴取には応じないことを決めていました。11月30日に開かれた理事会で、その理由を説明しようとした。

ところが、八角理事長の傍に常に付き添っているスポーツ報知出身の広岡勲という理事補佐に言葉を遮られ、何も聞き入れてもらえなかったと肩を落としていました」

そもそも、相撲協会との決定的な対立は、貴ノ岩の被害届を鳥取県警に提出しながら、相撲協会には報告さえしなかったことから始まったとされている。

 

それについて、貴乃花親方は、そのタニマチに次のように告白したという。

〈貴ノ岩の様子がおかしかったので、問い質したところ、事件の真相を知りました。そこで、加害者である日馬富士の師匠、伊勢ヶ濱親方に連絡した。でも、どのように対処したらいいのか判断がつかないと。最終的には、伊勢ヶ濱親方から協会に報告するということになりました〉

 

つまり、伊勢ヶ濱親方が協会に対応するものと認識し、最初から無視するつもりではなかったというのである。

 

〈実際に、伊勢ヶ濱親方が協会に報告したかどうかは定かではありません。ただ、他の理事の言動から、伊勢ヶ濱親方が協会に報告したものの、出来るだけ大事(おおごと)にしないよう指示されたのではないかと察しました。私は完全にハメられたと感じています〉

あらためて、これまでの経緯を整理しておくと、モンゴル力士らの懇親会が行われたのは10月25日夜から翌26日の未明にかけてのこと。

 

二次会の場となった鳥取市内の高級ラウンジで、貴ノ岩の態度に激高した日馬富士が拳や平手ばかりか、カラオケのリモコンまで使って数十発殴りつけた。

その3日後の29日、医療用ホチキス9針で頭部の傷を塞いだ貴ノ岩を伴い、貴乃花親方は鳥取県警を訪れている。

 

〈貴ノ岩の傷口を見せたところ、すぐに被害届を出すことになりました。警察官は、頭の傷の状態がかなりひどいものであると、理解したようでした〉

 

さらに、犯行現場の状況に関しては、

〈白鵬はその場にいて、日馬富士が貴ノ岩を殴り続けるのを見ても、一切、止めようとしていない。本当のワルは白鵬だと言っていいくらいです。日馬富士との共謀を疑われても仕方ありません。警察は、その辺りも視野に捜査をすると言っていました〉

暴行事件の首謀者は白鵬ではないかと主張しているのだ。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

野球賭博問題からの因縁

実際、モンゴル力士に詳しい相撲関係者によると、

「白鵬は、警察の事情聴取に、日馬富士を制止したのは自分だと言い張っていました。でも、それを疑問視する声が上がっている。同席した鶴竜は、“俺の躾が悪いので、これで勘弁してやってください”と頭を下げ、貴ノ岩を庇っていた。照ノ富士も暴行を止めようとして、巻き添えを食っている。

一方、白鵬については、貴ノ岩には、“助けてもらった”という認識がない。それどころか、日馬富士を唆したのは白鵬ではないかと一部では囁かれているのです」

 

日馬富士は12月11日に書類送検された。

今後、白鵬の関与の疑いが暴かれることはあるのか。

さらに、貴乃花親方は相撲協会への不信感も露わにしていたという。

 

前出のタニマチが話を続ける。

「鳥取県警から相撲協会に、正式な連絡が入ったのが11月2日。それから、スポニチが暴行事件をスクープする14日まで、2週間近くの空白期間が存在しました。相撲協会は3日に、貴乃花、伊勢ヶ濱の両親方から電話聴取したほかは、ほとんど調査を行わなかった。

これでは、貴乃花親方が協会に不信感を持つのも無理はありません。そして、その対象は協会ナンバー2の事業部長、尾車親方なのでしょう」

 

実は、貴乃花親方と尾車親方の間には、浅からぬ因縁がある。

それは、角界に激震が走った2010年の野球賭博問題まで遡るという。

 

貴乃花親方曰く、

〈野球賭博に関わった琴光喜は、その責任を取らされ、協会から解雇されました。処分がそれほど重くなったのは、理事選で私に1票を投じたからではないでしょうか。逮捕されたわけでもないのに、私のせいで、尾車親方に辞めさせられたと疑わざるを得ませんでした〉

 

ベテランの相撲ジャーナリストが補足する。

「かつて、相撲協会の理事は5つの一門それぞれから推薦された10人の親方が務めていました。ところが、10年1月、貴乃花親方が所属する二所ノ関一門を飛び出し、理事選に名乗りを上げるという掟破りを行った。結局、貴乃花親方はギリギリで当選することができたのですが、獲得した10票のうちの1票が力士代表の琴光喜によるものでした」

 

それから、わずか半年足らずで、野球賭博問題が明るみに出る。

「貴乃花親方は琴光喜への恩義からか、大関から十両への降格処分で収めるべきだと、理事を辞める覚悟で解雇に抵抗しました。しかし、その訴えは撥ねつけられ、当時、相撲協会の危機管理担当だった尾車親方を中心にして、処分は断行されたのです」(同)

 

暴行事件以前から、貴乃花親方と尾車親方の間にはわだかまりがあったのである。

さて、相撲協会に対し、伊勢ヶ濱親方は貴乃花親方から暴行事件を知らされていたのかどうかなどを問い合わせたところ、

「指摘するような事実は一切ございません」

との回答。

 

身を捨てる決意で、相撲協会とのガチンコ勝負に挑む貴乃花親方。

いよいよ土俵際に追い込まれた感はあるが、玉砕覚悟のうっちゃりを繰り出せるか否か。

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,