「イチロー杯」閉会式での子供の質問に・・・

 

23日に毎年恒例の「イチロー杯」閉会式に出席したイチロー外野手。

今年で22回目を数えるイベントは例年通り大きな盛り上がりを見せ、子供たちにも満面の笑みが広がった。

 

その中で今年はいつもとは違った風景も見られた。

イチローが珍しく黒のスーツ姿で登場したこと。

また、例年挨拶のみで終わることが多かった中で子供たちの質問を受け付けたことだ。

特に質疑応答では世界的なスター選手から貴重な話が飛び出し、子供たちも真剣に耳を傾けた。

 

小学生時代は「誰よりも練習をしていた」

ある少年から

「イチロー選手のようなバットコントロールを身につけるにはどうすればいいですか?」

との声が上がると、

「そー! 欲しいのはそういうのです。バットコントロール……難しい話になるんだけど」

とわが意を得たりという表情を浮かべたイチローは育成年代の重要性について話し始めた。

 

「みんなくらいの年齢ってすごく大事だと思うんです」

「僕が今、持っている技術というのは12歳までに磨き上げた、作られたものが大きかった」

 

ベテランはそう振り返った後に

「僕、高校で全然練習しなかったんですよ。その時のチームメイトがいるんですけど、僕があまりにも練習しないから、彼らはプロ野球選手になりたかったんだけれども、僕が凄い結果を出してプロ野球選手の夢を諦めちゃったんです」

とさらりと語った。

 

小学校時代に「誰よりも練習をしていた」というイチローは早くから努力を重ねたことで、高校時にはすでに周囲を凌駕する土台を築き上げていたということなのだろう。

事実、愛工大名電からドラフト4位でオリックス入りすると、7度の首位打者など数々のタイトルを手にして渡米し、メジャーでも球史に残る打者となった。

 

最後に「身体で感じたことを大切にしてほしい」とアドバイスを送ったイチロー。

この日貴重な経験を得た子供たちはその言葉を糧に順調に成長を遂げていけるのか。

イチロー自身がその姿を一番楽しみにしているに違いない。

 

「日本復帰の可能性はありますか?」

とストレートな質問が飛んできた。

これに対して「メディアいますから」と苦笑いを浮かべると、会場も爆笑。

イチローはさらに「えーっとですね……ややこしいこと聞くなぁ」と珍しく困り果てた。

それでも、「ゼロじゃない限りは可能性は残るんだけども…ややこしいな」と繰り返して笑みを浮かべた。

 

さらに「もちろん野球選手として来年もやりたい」と意欲を見せつつ、アメリカでは44歳という年齢が大きなネックになることにも言及。

「3年前も同じような感じだったんだけど、ペットショップで売れ残った大きな犬みたい」

と、同じFAとして移籍先を探していた2014年オフを振り返りながら、自身が置かれている状況について表現した。

ただ、当然、メジャーでのプレーが最優先となるようだ。

 

マーリンズ3年目となった今季も、最強外野トリオを支える4番手外野手として開幕を迎えたイチロー。5月までは打率1割台と低迷したが、6月以降は上昇気流に乗り、7月、8月と月間打率は3割超(.321、.346)。

代打としても歴代最多にあと「1」と迫る27安打を放った。最終的に打率.255、3本塁打、20打点、1盗塁でフィニッシュ。メジャー通算安打は、歴代22位の3080安打まで積み上げた。

 

しかし、デレク・ジーター氏らが新オーナーに就任したマーリンズは、チーム再建のためにイチローの2018年契約延長オプションを行使せず。

イチローはFAとなり、代理人のジョン・ボッグス氏が移籍先を探している。

主力選手の大型契約が決まってから動き始めることが多いため、イチローの去就決定は年明けのキャンプ前、またはキャンプイン後になると見られている。

 

 

 

来年もMLBでイチローが観たい!!

 

 



-スポーツ, 話題
-, ,