山田邦子が『女芸人No.1』を批判し日本テレビ出禁!!

 

「お笑いを性別で分ける意味があるのか」

「6人の審査員のうち、芸人は一人だけ」

「足し笑いがうざい」

など、何かと物議を醸したのが、12月11日に放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)だった。

しかし、フタを開ければ平均視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、日本テレビ局員も胸をなで下ろしながら、こう語る。

 

「女芸人のトップを決める大会として今年初開催されましたが、正直『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)の二番煎じなんて、誰もやりたくない。吉本から押し付けられて渋々やらされた形でしたが、なんとか体裁を保ててよかったですよ」

ゆりやんレトリィバァが初代「笑いの女王」に輝き、優勝賞金1,000万円と日テレの番組に合計視聴率100%分出られるという権利を得た。

 

そんな中、笑えなかったのは山田邦子の“場外乱闘”だった。

参加費2,000円を徴収され、優勝賞金以外はノーギャラ。

裏で決勝行きを約束された芸人もいる中、自分は新人やアマチュアと同列に1回戦から参加させられることで怒り心頭。

スタッフに、ほかの出演者を聞くと芸歴の浅い素人同然の芸人ばかりだったとブログでまくし立て、すでに参加が発表されていたにもかかわらず「日テレへの不信感」を理由に、大会直前に辞退を表明したのだ。

 

「日テレは大御所である山田に敬意を表し、真っ先に大会への出場を打診していたそうです。そのため、ほかの出演者を聞かれても、スタッフは出演確実な若手や新人、アマチュアしか答えられなかったのでしょう。

にもかかわらず、それに対する批判をブログで長々と展開されたことに、日テレ幹部は大激怒。最近になって山田の『日テレ出禁』が決まったといいます」(芸能関係者)

 

当初は、山田も意気込みかなり自信のあるネタを仕込んでいたようだ。

 

黄金期を知らない世代も増えているだけに、「やまだかつてない」再ブレークチャンスを逃してしまったかも?


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

今や「山田邦子」を知っている人はそう多くないでしょう。

過去にいかに売れていても今売れていなければどうしようもありませんね・・・

彼女のギャグも忘れてしまいました。

 

 

タレントの山田邦子(54)が、21日に放送されたTBS系トーク番組『サワコの朝』(毎週土曜7:30~8:00)にゲスト出演し、仕事が激減した当時の心境を明かした。

「好きなタレント調査」で8年連続1位になり、1980年代から90年代にかけての活躍から"唯一天下をとった女芸人"と称されている山田。全盛期には14本ものレギュラー番組を抱え、あまりに多忙だったためにテレビ局で寝泊まりすることも。

そんな日々は山田にとって「命を削るように」という感覚がある一方、「刺激的だし、現場現場が楽しかったです」とやりがいも大きかったという。

その後、30代半ばを迎えた1990年代後半で仕事が減少。

山田は「寂しいなとは思いました。でも、こういうものなんでしょうし。ブームが終わったんじゃないですか」と笑顔を浮かべながら当時を思い返し、「たぶん出過ぎたんだと思うんです。

『あいつばっかり』という時代があって。みんな悔しかったんじゃないですか。だから、しょうがないです」と淡々と語った。

さらに、「かなり激しいブロックにあいました」と告白するも、これも「しょうがない」と冷静に受け止めている。

悲観的になることはなく、時間に余裕ができてからの生活は「有意義」で「すごく楽しいです」。舞台や講演、チャリティーなどで精力的に活動する中で、散歩や喫茶店でコーヒーを飲むような何気ない時間に「こんなことしてなかったんだなぁ」としみじみと感じているという。
山田邦子の現在!芸能界から消えた理由は!?
≪山田邦子さんが消えた理由≫
よく言われる消えた理由は3つあるそうです。
それぞれ言われている説を書いていきます。

①:番組の視聴率低迷と不倫報道による好感度の低下

⇒1992年、冠番組「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」が打ち切られた後も1994年にはリカちゃん人形に関する著書「私のリカちゃん」を発表。さらに同年、タカラ『リカちゃんのお友達クニちゃん』という人形も発売され、原宿にタレントショップ『クーニーズ』を出店。
ここまでは順調でした。

しかしながら、1995年に新番組『山田邦子のしあわせにしてよ』がスタートするものの、裏番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)を追い抜くことはできず低視聴率となる。
そのほかにも露出過多が原因で山田邦子の担当番組の視聴率が低迷。その後も1995年夏から週刊誌の山田バッシングが続き、写真週刊誌『FOCUS』でテレビ制作関係者との不倫が報道されてイメージダウン。
視聴率の低迷に加えて、不倫報道で好感度が下がっていったみたいです。

②:ADや下っ端スタッフをよく虐めてて、そのADらが出世したことで干された

⇒直接的な「消えた理由」ではないかもですが、こういったことも一因だったとの声もあります。

③:山田邦子 空港ぶち切れ事件

⇒山田邦子が消えた理由として一番大きいのがこの事件だったといわれています。
不倫報道によって、芸能リポーターから追い回されることとなった山田邦子さんですが、取材に訪れた井上公造に
「お前モテないだろう」
「バカじゃないの」
「井上!お前モテねえだろう!こら自毛だぜ!何処がヅラなんだよ!バカヤロー!」
と罵倒するシーンがワイドショーで放映され、好感度が急速に低下。
不倫報道の取材の受け答えがこれですからね、ただでさえイメージダウンしている状況にこの放映が重なり、一気に干されてしまった感じです。

 

多忙のあまり本性が出てしまいましたね・・・

今の白鵬のように「何をしても許される・・」と勘違いしていました。

 

 

-エンタメ, ゴシップ, 話題
-, , ,