不倫か、セクハラか…「サイゼリヤ」女性スタッフの自殺

 

飲食チェーン「サイゼリヤ」の女性スタッフ(当時20代)が2014年冬に自殺したのは、教育係だった男性副店長(当時)のセクハラが原因だったなどとして、遺族らがこの副店長や男性店長(当時)、会社を相手に東京地裁で争っている。

 

この裁判で12月20日、副店長と店長の本人尋問があった。

女性の日記などを根拠に、性的関係の強要があったかなどが争点になっているが、

副店長は

「女性の日記には事実ではない記述が多い。セクハラ、パワハラはしていない」

店長は

「セクハラ、パワハラを見聞きしたことはない」

と述べた。

 

●遺族側はセクハラを主張

訴状などによると、遺族側の主張は、妻子もいる副店長が上下関係を利用して、セクハラを行ったというもの。

女性は準社員(非正規雇用)で、昇格や正社員登用を目指していたため、副店長の要求を拒めなかったとしている。

その上で、関係を知りながら対処を怠ったなどとして店長を、セクハラ防止策が不十分だとして、サイゼリヤの責任も問うている。

 

遺族側が根拠とする日記は、女性のパソコンに残っていたもので、出来事が詳細に記録されている。

副店長について、勤務時間中もスキンシップが激しく、「距離感が近い」「怖い」と複数回の記述がある。

一方で、お互いの関係性を「師弟関係」と表現し、尊敬もしていたようだ。

店舗内で二人の交際を疑うような噂があったことをうかがわせる記述もある。

 

日記によると、副店長の行為は、女性が一人暮らしをするようになってから激化。

家に押しかけてくるようになり、性的関係も結ばされた。

女性はその度ごとに、「悲鳴」を書き綴り、関係を終わらせたいと求めている。

 

遺族側は、「不倫関係」は終わらせたいものの、上司としての敬意は残っており、女性に葛藤があったとする。

副店長が関係を断ってくれず、精神が不安定になっているところ、副店長から心中を持ちかけるような言葉をかけられ、動揺の末に自殺したと主張している。

 

●副店長は日記の内容を否定「事実とはかなり異なる」

一方、この日の尋問で副店長は、「不倫に関しては問題があった」としつつ、女性の日記については、

「事実とはかなり異なる」

「まったく別人のようで、自分の前で見せていた素振りと全然違う」

と述べた。

 

副店長の主張は、むしろ女性の方が交際に積極的だったというもの。

性的関係にも合意があり、その後も女性から「会いたい」という内容のLINEが送られてきたことを示した。

別れ話を持ちかけられたことはなく、むしろ女性と家族のどっちを取るかを迫られていたという。

2014年冬、女性に家族を選ぶことを伝えたといい、悲観した女性が自殺したという認識のようだ。

 

この事件では、不倫関係が始まる以前から、副店長が女性の給与明細に「わたしは、あなたが好き」と記すなどしていた。

一方、副店長の上司だった店長は、セクハラやパワハラの現場は見たことがないとし、

「(不倫関係は)女性が亡くなってから知った。二人を親密だと思ったこともない」

と述べた。

 

証人として出廷した、当時の同僚も「店内で二人の関係をあやしいという話はなかった」と語った。

なお、ハラスメントなどを相談する、サイゼリヤ内の「ホットライン」に女性からの相談はなかったという。

 

●年度内に結審の見込み

セクハラ被害者の言動と内心が違うことは多く、相手に迎合するようなメールを送ったり、性的関係が継続したりすること自体は珍しくない。

女性の日記やサイゼリヤ側の証言、LINE記録などの評価が結果を分けそうだ。

今後、最終弁論が行われ、年度内に結審する見込み。

 

 

  • セクハラ立証はかなり困難では。嫌だったのかもしれないが同意のもとの肉体関係のようだし。。。
    生きている間に戦うのが良かったのではないかと思ってしまう。
  • 責任逃れにあきれるばかりだ。
    副支店長の言い分の、不倫による恋愛関係のもつれだとしたら、関係を上手く解消するのに
    店長という第三者に説明すべきだったと思う。
    それをしないで卑怯に逃げて、店長までも知らないと我関せず。
    被害者は20歳の女性なんですよ。
  • この記事の内容だけだと、不倫したけど捨てられたから、自殺するときに道連れにセクハラ告発したのかな?と思ってしまう…
    本当にセクハラだとしたら、許しちゃいけないと思うけど、もはや真相が分からないよね。
  • サイゼリヤの証言…
    サイゼリヤはあたしがセクハラを訴えたときのように、全力で社員とサイゼリヤを守ろうとするでしょう。
    ホットラインなんて全く意味のないものです。
    だって上司もバイトに手を出しちゃうようなとこだから。
    既婚者で奥さんを裏切って、彼女を死にまで追いやり、そんなヤツを守るサイゼリヤ。
    最低だと思う。
  • 最初は副店長からのアプローチだったかもしれない。
    でも、だんだん好きになってしまったのかも。
    そんな自分を認めたくなかったのか?
    不倫を終わらせたい、相手が離婚すれば不倫ではなくなる。
    真面目で純粋な女性だったのだろう。不倫して捨てられた自分に自己嫌悪?
    愛と憎しみは紙一重。
  • どこぞの政府の役人のように「ラインの履歴や資料は廃棄しました。」とは言わないのでしょうから、それだけでもましかなと。
    男女関係のことは、当事者しかわからない部分が多く、どちらかが思い込んでしまうと、さらに難しくなりますよね…。
    真実がでてくることを願います。
  • 言動と内心が違うことがあったとして、それに気づかず恋愛感情を持ってしまうのは人としてありえるでしょう
    心の内は誰にもわからない。 どういう行動や言動を取っていたのかが大事やな。本心は誰にもわからないので 立場によって意見がわかれるでしょう
  • こう言う問題は男が悪く言われるけど、妄想のでっち上げ日記とかを書く女性もいるのも実際ある。
    まぁ真相は分からないだろうね!
  • 副店長が奇しくも証言しているように、嫌がっているそぶりに見えなかったとのことだが、上司を前に嫌がる態度を見せられなかったというのが、セクハラの落とし穴。
  • それはある意味、セクハラ(と言うのか?)される側の責任では?
    会いたい、なんて言われたら男はその気になりますよ。それが内心違うとか言われてもねぇ…
  • 浮気してるこの男もダメだが、この女性にも問題はあると思うが。実らぬ恋と感じて恨みに転化、もしくは自殺が最大のアピールみたいな感情、情緒不安定で自殺とか、は十分考えられるよね。
  • 人一人を追い詰めておいて他人事みたいな店長も副店長もすごいなー
    きっと出世するんだろうなサイゼリヤなら
  • この件は別として 合意のもとでもいきなり寝返るように襲われたとか女性が言えば犯罪として成立してしまう事があることが怖い

 

死人に口なし・・・真相はわかりませんね。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,