【MLB】オールスターは「怪我の原因」ストラスバーグ発言

 

ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手が、今後オールスターに出場しない可能性があると米メディアが報じている。

2009年の全米ドラフト1位で指名された剛腕は今季、オールスター直後の7月末に右肘の神経痛で故障者リスト(DL)入り。

約3週間で復帰したが、最終的に28試合の登板にとどまった。

15勝4敗、防御率2.52と好成績を残してサイ・ヤング賞投票で3位に入ったものの、もしDL入りがなければ、さらにいい数字をマークしていた可能性が高い。

 

地元紙「ワシントン・ポスト」によると、ストラスバーグはオールスターに選出されたことが原因で調子を崩したと言及したという。

 

右腕は記事の中で

「オールスターで投げるのか、それとも投げないのか、考え直さなければならないかもしれない。怪我の原因とも言えるように感じている問題だからだ」

と明かしている。

 

実際にどのような影響があったのか。

ストラスバーグは今年のオールスターではマウンドに上がっていない。

ただ、そこに向けて準備を進めていく段階でルーティンが崩れ、右肘の故障につながってしまったようだ。チームを離れ、常にケアを行っているスタッフが周りにいなくなったことも大きかったという。

 

「トレーニングスタッフやマッサージセラピストもいる素晴らしいプログラムを受けている。そしてそれこそが、自分のルーティンなんだ。なのに突然、投げるように頼まれても、ルーティンに沿う手段がなかったんだ。

ことが終わって、また元の状態に戻る感じになってしまう。ブルペン、休養日、試合。腕が痛みを感じ始めていた」

 

米メディアも注目「ストラスバーグが新たなトレンドを作り出すのかも」

そして、後半戦に入ると異変に気づいたという。

「それまでは、(腕は)良い感覚だった。そして、オールスター戦以降、何かしっくりこない感覚だった。その時点でプライドを捨てて、こう言ったんだ、最終的にはそこ(DL)にいたい、とね。だから、無茶しても意味がなかった。その方向で解決できて良かった」

記事の中で、ストラスバーグはこのように明かしている。

 

この報道を受けて、NBCスポーツ(電子版)は

「スティーブン・ストラスバーグが彼の肘の怪我のことでオールスターゲームを批判した」



とのタイトルでレポート。

 

「ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグは、今季の肘の怪我はマイアミでのオールスター期間中にルーティンを変えたことによるものだと考えているため、今後オールスターに出場しないかもしれないと発言した」

と報じている。

 

記事の中では、ストラスバーグがDLから復帰後、防御率0.84と好成績をマークしたことを紹介。

さらに、打者では過去に球宴のホームラン競争を辞退した選手も何人かいたことに言及している。

その理由は、スイングが乱れることを嫌う、故障を防止する、といったものだったという。ただ、オールスターそのものを辞退することとは大きく違う。

 

「オールスターでそういったことは頻繁にあることではないが、ストラスバーグが新たなトレンドを作り出すのかもしれない」

 

「NBCスポーツ」はこう締めくくっているが、メジャーでは年に1試合しか行われないオールスターへの出場は、選手にとってステータスの1つ。

真のスターたちによる真剣勝負が繰り広げられる、憧れの舞台だ。

それだけに、今回のストラスバーグの発言には注目が“波紋”を呼んでいる。

 

「オールスター」は何のためにあるのか?

選手はそのメンバーに選ばれる事で光栄でしょう・・・

でもファンは選んだ選手の投げて、守って、打って、走る姿が見たいんです。

 

選手はそれぞれ独自のルーティンを持っています。

出場が決まった選手は各自のトレーナーも同行させて対処するのがプロではないでしょうか?

 

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 海外
-, ,