懸念される “ヒロミの二の舞い” 友近・現場の悪評

 

ピン芸人のゆりやんレトリィバァ(27)が初代女王に輝いた「女芸人NO.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)。

視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずの数字をマークしたが、多くの視聴者から笑い声の効果音疑惑が持ち上がるなど、決して後味のいいものではなかった。

 

その後味の悪さは舞台裏も同様――。

ある女芸人の言動を巡り、制作陣の間でブーイングの嵐が吹き荒れているという。

誰か。

「友近さんですよ」と声を潜めるのは、某バラエティー制作関係者だ。

 

友近(44)といえば、予選2回戦に出場するために会場を訪れたものの、コントに使う小道具が用意されておらず、泣く泣く棄権せざるを得なかった――とは、本人もラジオで明かした“オープン”な話だが、

 

「その小道具が聞いてびっくり。生春巻きだっていうんです。なんでも吉本サイドの落ち度で用意し忘れてしまったそうなんですが、イマドキは生春巻きぐらいコンビニでも売っている。当日でも十分リカバリーできたはずなのに、彼女はそれを許さなかった。

『THE W』は山田邦子が苦言を呈してケチがついたことに加え、平野ノラやブルゾンちえみ、柳原可奈子、ハリセンボンといったメジャーどころの不参加からも分かるように“ヤバい番組で出演するとヤケドする”なんて話が業界に流れたんです。それを聞きつけた友近が、これ幸いと周囲のミスを棄権する口実に使ったようなんです」(前出の制作関係者)

 

ちょっぴり意外だが、友近の“舞台裏”の評判は芳しくない。

あるテレビ局のADの話。

 

「少し前からADたちの間では横暴だと被害の声が上がっていました。よくいえばマジメできちょうめんでストイックなんだけれど、あまりにも要望が細かくて少しでも段取りが違うとキレて収録やロケをやめてしまうこともある。

決して悪い人ではないし、実力もあるとは思いますが、使いづらい女芸人NO.1の筆頭格なんです。僕らが将来ディレクターになったら“友近を使うのはやめよう”って愚痴り合っています。

その昔、ヒロミさんがテレビ業界から姿を消したのは、堺正章さんを怒らせたからという噂もありました。でも実際は、あまりの傍若無人な横暴さに当時のADたちが切れ、その後ディレクターやプロデューサーに昇進する頃になって皆が一斉に彼を使わなくなったから。このままだと友近さんは“第2のヒロミ”になりかねません」

 

 

足を踏んだ方はすぐに忘れても、踏まれた方は一生忘れないもの。

 

立場の弱い人間こそ大事にしないと将来、復讐されることになる。

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 話題
-, , ,