北海道沖で超巨大地震切迫の予測

 

北海道沖の千島海溝沿いで、今後30年以内にマグニチュード(M)8・8以上の「超巨大地震」が発生する確率は最大40%とする見解を、政府の地震調査研究推進本部が19日、発表した。

 

東日本大震災に匹敵する規模の地震が「切迫している可能性が高い」として対策を呼びかけている。

 

地震本部が千島海溝沿いの地震について予測を見直すのは13年ぶり。

最新の研究を踏まえ、東日本大震災(M9・0)級の地震の確率について今回初めて検討した。

 

その結果、十勝沖から択捉島沖までを震源域とするM8・8程度以上の地震が起きる確率は7~40%だった。

同規模の地震は平均340~380年ごとに発生し、直近では約400年前に起きたと考えられるという。

地震本部は

「平均的な間隔の『満期』を超えており、発生が切迫している可能性が高い」

としている。

 

この地震について中央防災会議は2006年時点で、最悪の場合、津波によって北海道で約700人、本州で200人が死亡する被害想定を出しているが、来年にも内閣府が新たな想定を公表する予定。

 

個別の震源域でも巨大な地震が想定され、根室沖でM7・8~8・5が70%程度と高く、十勝沖でM8・0~8・6が7%としている。

 

地震本部の平田直・地震調査委員長(東京大教授)は

「超巨大地震は強い揺れに見舞われる面積や、津波に襲われる沿岸が広い。東北で起きたような超巨大地震が北海道でも起こる可能性があると考えて備えを見直してほしい」

と話している。

 

いつも思うのですが、30年以内に40%の確率・・・ってよくわかりませんね。

 

そこで

「発生確率」という数字は、どのようにして算出される?

・今後50年以内に90%以上
・今後30年以内に60~70%
・今後20年以内に40~50%
・今後10年以内に20%程度

しかし、「これから地震が来る確率は70%です」と言われても、地震が近々、実際に来るということなのか、来ないかもしれないのか、肌感覚で分からないという人は多いだろう。

そもそも「発生確率」という数字は、どのようにして算出されるものなのだろうか。

 

「計算の原理自体は、極めてシンプルなんですよ」

と話すのは、地震学が専門の武蔵野学院大学特任教授・島村英紀氏だ。

 

「ある地域で、過去数百年間、数千年間に地震が起きた回数を調べて、年数で割ってやると、平均的に見て地震が来る間隔が分かる。

たとえば、ある地域で1200年間の歴史的な記録が残っていて、そこに6回の地震の記述があるとすると、1200÷6=200で、200年に1回地震が起こるのだろうと考える。

すると、その地域で最後に地震が起こったときから経った年数に応じて、次の地震が来る確率が計算できる。

地震の間隔が200年なら、前の地震から100年の間に次の地震が来る確率は50%となるわけです」

 

過去の実績から将来の可能性を類推するという意味では、これは野球選手の打率にも似た指標だ。

たとえば、イチローのオリックス時代の最高打率は・387(38・7%)だが、今回の北海道沖大地震が今後40年以内に起こる確率は約40%。大地震が起こる確率はイチローがヒットを打つ確率に近いと言えば、かなり起こる可能性が高いものだと実感できるだろう。

あるいは「あなたががんになる確率は70%です」と言われたら、たいていの人は自分はがんになるのだと考えるだろう。

ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーは遺伝性の乳がんになる確率が87%と言われて乳房を切除したが、今後ガンの発症率50%とされた卵巣も摘出する予定だ。

 

「地震の発生確率はあくまでもひとつの目安です。たとえば、歴史に残っていない、私たちが知らない地震がひとつでもあれば、数字はすぐ変わってしまう。

ただ、いずれにしても、ひとつ確かなことがあります。それは、今日地震が起こらなければ、明日地震が起こる可能性は、今日より高くなるということです」

 

いつ来るかは分からなくとも、巨大地震は、残念ながら必ず再びやってくるようです。

 

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-,