割れてもくっつく新しいガラス素材、東大の研究グループが開発

 

いったん割れても、常温で数時間押し当てると修復するガラスを、東京大の相田卓三教授らが開発した。14日付の米科学誌サイエンスに発表した。

ガラスは通常、割れると材料を構成する分子同士の結びつきが切れてしまうため、高温で溶かさないと再利用は難しい。

相田さんらは、半透明の新素材「ポリエーテルチオ尿素」でガラスを作製。割れても室温で1~6時間、割れ目を押し当てると再びくっつき、強度も回復した。

新素材は「水素結合」という結びつきで安定した状態に戻ろうとする分子が多いため、押し当てると自然にくっつくという。

 

加熱すると割れ目が修復する軟らかい材料はあるが、東京大の柳沢佑・学術支援専門職員は

「硬い素材が常温でくっつくことを示せたのは、今後の自然修復するガラスの研究を広げるだろう」

と話した。

 

いや~驚きですね!!

いろんな分野に応用できそうですね。

 

 



-いい話, 話題
-,