韓国流行の反日ファストフード「独島チキン」のあきれるキャンペーンポスター

 

韓国は今や日本以上のファストフード天国となっている。

マクドナルドやケンタッキーフライドチキンなど外資系はもちろんのこと、トッポギやキンパブ(のり巻き)、ピンス(かき氷)など、韓国ならではのファストフードを楽しむことができる。

当然、競争も激しく潰れていく店も少なくない中、ここ数年めきめきと支店を増やしているのが、フライドチキンのフランチャイズチェーン「独島チキン」だ。

 

韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「言うまでもなく、独島は韓国が不法占拠し、自国領土であると主張してやまない島根県の竹島のこと。慰安婦もそうですが、独島は韓国人の反日=愛国心を刺激してやまない単語。それをちゃっかり商売に利用して成功を収めたわけです」

 

韓国では毎年10月25日を「独島の日」と呼んでいる。

1900年のこの日、朝鮮王の高宗が独島を朝鮮領と宣言したというのが、その由来だそうだ。

 

但馬氏は

「公民合わせて各種イベントが行われますが、独島チキンでも特別セールを実施しています。そのキャンペーン用ポスターを見て、日本人ならまずあきれること請け合いでしょう」

と言う。

 

ポスターでは「竹島は日本の領土」と話す子供に、独島チキンで一撃を加える一徹(イルチョル)アボジ(父親)と、それを見守る明子(ミョンジャ)姉さんが描かれている。

元ネタは「巨人の星」で、もちろん、無断使用だ。

「バシッ」という擬音は日本語そのまま。

確信犯的にやっているのだろう。

 

但馬氏は

「韓国では2005年、独島防衛(独島侵略をもくろむ日本から島を守るという設定)の広報CMに1970年代、韓国で人気のあったアニメ映画のロボットキャラ『テコンV』を起用しましたが、このテコンV自体、日本のロボットアニメの草分け『マジンガーZ』のパクリであることが指摘されています。

日本を叩くことに日本のアニメや漫画のキャラクターを使う。それに対し何の葛藤も廉恥の心も動かないところは、さすが韓国人としかいいようがありません」

と指摘する。

 

反日ファストフードなら独自のポスターを考えろよ!!

日本人なら誰でも知ってる漫画を使うなんて頭おかしいでしょ。

 

 



-海外, 話題
-,