接客業のマスク禁止に悲痛の訴え

 

12日、あるTwitterユーザーが、サービス業のマスク禁止措置に対して

「本社にバンバンクレームを入れて」

と要望し、大きな反響を呼んでいる。

サービス業のマスク着用禁止といえば、大手衣料品会社・UNIQLOのレジ担当がそれに該当することが記憶に新しい。

これは、

「笑顔の応対しても見えない」

「お客様に不信感を与える」

という判断からだという。

こうした禁止措置について、ユーザーは

「『接客中にマスクなんて失礼だ!』というクレームがある」と明かす。

そのような抗議を受けた結果、上層部でマスク禁止を取り決めてしまったそうだ。

ユーザーは

「なので『マスクしないなんて失礼にもほどがある!』と本社にクレーム入れてください」

「客から本社にバンバンクレームを入れて!! お願い!!」

と、現行とは真逆になるマスク着用を強制してもらうべく、Twitter上で他のユーザーに強く要望したのだ。


このツイートは、13日10時の時点で3万7000件以上のリツイートと、3万1000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で大きな話題となっている。

また、ユーザーの話によると、従業員側が業務中のマスク着用を求めても、上層部は「クレームになるから禁止」と返答するだけだという。

 

「マスク着用してないとクレームになる」と認識してもらうためにも、クレームという形の圧力が必要なのだとか。


ユーザーは続けて、花粉症やつわりの悪化回避など、マスク着用の必要性を列挙した上で、

「様々ある理由を無視して、禁止して満足するなんておかしいんです。こんなんで体調管理なんて不可能です」

とも訴えていた。

 

 

業種にもよりますよね・・・・

飲食業の方にはこちらからマスクを着用してほしいと思いますね。

 

 



-話題
-, ,