亀岡市暴走死亡事故 平然と暮らす加害者への遺族の複雑心情

 

2012年4月23日午前8時、京都府亀岡市で集団登校中の児童と保護者の列に軽自動車が激突。

このワゴン車暴走事故で中江美則さん(54才)は長女の幸姫さん(当時26才)を亡くし、孫の蒼愛さん(当時6才)も重傷を負った。

 

幸姫さん含め3人が死亡、7人に重軽傷を負わせた重大事故を起こした少年たち。

ハンドルを握っていた少年A(当時18才)は居眠り運転のうえ無免許。

しかし危険運転致死傷罪には問えず、刑の軽い過失運転致死傷罪での立件となった。

 

Aは懲役5~8年の不定期刑で服役中だが、同乗していた少年BとC(ともに当時18才)、無免許と知りながらAに車を貸した少年D(当時18才)は、道路交通法違反幇助の容疑で逮捕され、少年院での保護処分相当として家庭裁判所に送致。

3人とも執行猶予が付き、現在は実家こそ出たものの事故現場の近くで生活している。

 

11月下旬、本誌は3人の命を奪った彼らの元を訪れた。

危険運転による悲惨な事故が多発する現状について、「かつての当事者」だからこそ語れる言葉があると考えたからだ。

 

事件当時Aに車を貸したDは、本誌記者が話しかけると、不審そうな表情で応対した。

「なんですか?」

 

──Dさんですよね?

「そうですけど」

 

──最近、車の暴走事故が多発していますが、過去、同様の事故に関与した身として、どのように感じていますか?

「はい?」

 

──危険運転をする人に対して、伝えたい言葉はありませんか?

「あの、これって任意ですか?」

 

──取材です。

「じゃあ、すいませんけど」

 

そう話すと、黒のワゴン車に乗り込んで去って行った。

続けて向かったのは、Cの自宅。インターホン越しに応じた彼に対しても同様に、取材であることを伝えた上で、昨今の危険運転を巡る現状について尋ねたが、「うん」「はぁ」と生返事を繰り返すばかり。

だが、次の質問を投げかけると、声色が変わった。

 

──被害者遺族に対して、何か言葉はありませんか?

「あん? もういいから帰ってくれる?」

 

──遺族のかたへ謝罪はないのでしょうか。

「もう早く帰れや」

 

それだけ言うと、インターホンが切れた。

 

本誌が彼らの言葉をこの事故で次女(当時7才)を失った小谷真樹さん(35才)に伝えると苦悶の表情を浮かべ、こう言葉を振り絞った。

 

「人の命を奪ったという事実を、彼らは本当に自覚しているのでしょうか。この5年間、娘を亡くした喪失感は少しも埋まることがありません。あの日から時間が止まったままです。しかし、彼らは事件そのものを受け入れてさえいない気がする。平然と車にも乗っているなんて…。あまりにも無念です」

 

交通事故に詳しい弁護士の中村亮氏によれば、無免許運転で事故を起こした者でも、その後免許は取得できるという。

 

「司法ではなく行政の判断なので、一定期間免許が取得できない『欠格期間』を経れば、免許を取得することは可能です。無免許で事故を起こしても、自賠責保険で被害者への賠償金が支払われます。

殺人などの刑事事件と違い、交通事故は基本的に故意ではなく『過失』という前提に立つので、死亡事故でも実刑になること自体数パーセントです。同乗者となると、ほぼ0に近い。遺族から民事裁判で訴えられても、お金がなければ慰謝料の支払いさえしないケースもある。現状、この国では交通事故被害者があまりにも法的に守られていないのです」

 

仮に事故で一命を取りとめても、生涯後遺症に悩まされ、仕事を断念せざるをえない被害者も多い。

にもかかわらず、加害者側の運転手や同乗者は法律や行政に守られ、再び車を運転することもたやすいのだ。

飲酒運転の再犯率は8%超にものぼるという警察庁の統計もある。

 

今年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で石橋和歩被告(25才)に停車させられ、ワゴン車の夫婦が死亡した追突事故の被害者遺族、萩山文子さん(77才)もこう語る。

 

「石橋被告やその家族からは、いまだ一切謝罪はありません。実況見分の時、彼があくびをしてニヤニヤしている姿を報道で見て、怒りと悲しみで倒れそうでした。

事故以来、私は車が傍を通るだけで震えてしまうんです。それなのに、加害者は簡単に日常を取り戻してしまうなんて…。本音をいえば、石橋被告には一生刑務所に入っていてほしい」

 

被害者と加害者を断絶する壁は、あまりに高い。

 

少年とはいえ彼らの心の中には何の懺悔も残っていないんですね・・・

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,