乳児遺体の頭部にコンビニレジ袋

 

兵庫県丹波市で今年10月に死亡した生後5カ月の男児を警察が司法解剖後に遺族へ引き渡した際、頭部にコンビニのレジ袋がかぶせられていたことが13日、兵庫県警丹波署などへの取材で分かった。

体液が漏れることを防ぐため、神戸市内の葬儀会社が袋を使用したという。

 

同社は取材に「お答えすることはない」と回答。

県警は「再発防止に努める」としている。

 

同署によると、男児は10月4日未明に救急搬送され死亡が確認され、翌5日の司法解剖で県警は事件性のない突然死と判断。

遺族への遺体引き渡しを決めた。

その際、頭部から体液が漏れることを防ぐため、県警の委託を受けた神戸市内の葬儀会社が、頭部にコンビニのレジ袋をかぶせた上で包帯を巻き、顔だけが見える状態にしたという。

 

今月11日に遺族は「礼節を欠いた対応をしないように業者を指導してほしい」などと記した改善要望書を県警に提出した。

 

県警は今後、葬儀会社による作業が適切だったかどうかの確認を徹底する方針。

 

葬儀社ならばそれなりの処置する物を用意しておくべきでは・・・?

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,