GLAY、結婚式で楽曲提供無償 ネットでは絶賛の声も「完全無償」でない?

 

4人組ロックバンドのGLAYが、結婚式でGLAYの曲の使用を無償で提供すると2017年12月10日に公式ホームページで発表した。

ネット上ではこれに「神対応」といった声も出たほか、「完全無償」でないことからトラブルを心配する声も出ている。

 

■「結婚式という人生の素晴らしい舞台で自分達の曲を使用してもらえる」

GLAYの公式ホームページの発表によると、これまでGLAYの曲を結婚式で使いたいという問い合わせを多く受けていたとし、

「結婚式という人生の素晴らしい舞台で自分達の曲を使用してもらえる事は大変喜ばしいことであり、それであれば自分達は無償提供したい」

というメンバーの思いから、結婚式における楽曲の著作隣接権について無償で提供を行うこととした、としている。

著作隣接権とは、作品を作った人ではなく、その作品を伝える歌手やレコード製作者といった人が持つ権利にあたる。

対象となるのは公式ホームページの「SONG LIST」にある曲のうち、著作権管理団体区分の表記がされているもののみで、カバー曲などは除外されている。

 

GLAYの発表については、ネット上では好意的に見る向きが多く、

「GLAYやっぱすげぇな」

「素晴らしい神対応ありがとうございます」

「素敵です!本当にGLAYさん最高です」

「もともと使わせて頂こうと思っていたので来年の結婚式にはたくさんGLAYさん流させて頂きます」

といった声が上がった。

 

まったくタダになるわけではない

一方で、同じホームページには「演奏権と複製権の使用料を各管理団体(「JASRAC」or「NexTone」)にお支払いいただくこととなります」としており、「完全無償」ということではない。

JASRACホームページによると、演奏権とはCDで音楽を流すといった、音楽などを公に演奏する権利を指し、複製権とは作品をDVDに録画したり、CDに録音をしたりする権利を指す。

 

演奏権の手続きは会場となるホテルや結婚式場などが行っていることが多く、複製権の手続きは直接団体へ個人が行う場合と事業者に委託する場合などがあるという。

 

この点についてもネット上では注目が集まり、

「GLAYはお金取らないよって言ってるけどJASRACは取り分放棄するつもり無いって言ってるから要注意ね」

「GLAYの判断は素晴らしいが、結局、使用料はとられて、JASRACにいくのかよ...」

「著作権管理団体から徴収されるという点を見落とした使用者によるトラブルが逆に増えてしまわないか心配」

といった声もあった。

 

  • NHKもJASRACも解体して欲しい。
  • お店やイベントから音楽が消える日も近いかもね。
  • 歌い手のGLAYが取らないのにJASRACが取るのなら、いっそのことGLAYにももらって欲しいのだが。
  • マスコミ、特にネットニュースがきちんと理解して伝えなかったのも混乱の一因だろう。
  • 不本意極まりないと思う。
    でも少なくともGLAYは取らないと言ってることを素晴らしいと思う。
  • GLAYはいらんといってもJASRACは徴収?
    おかしな構造がモロに出たねえ
    こう見ると誰のための著作権なのかわかりやすい。
  • アーティスト側が無償提供してくれたのに管理団体はきっちり金を取る。その金はJASRACでなくGLAYに全額払いたいくらいですね。
    今回のGLAY以外も同じように楽曲の無償提供をしてもJASRACが金を取るようなことが続けば日本の街に音楽が流れなくなるのは時間の問題だと思う。
    まずは無償提供してくれたGLAYさんありがとうございます。
  • NHKとか、なんとか神宮とか日本には現状に合わなくなった古い利権体質の団体が多すぎるのではないか?
    JASRACとは別の団体を立ち上げてアーチストがどちらかを自由に選べる様になってほしいな。
  • GLAYは悪くないだろ。GLAY側は実際お金は取らないだろうし、
    お金を取ると言ってるのはJASRAC側。
  • カラオケや曲のダウンロード等は利益絡みなので徴収も在りですが、結婚式は利益絡みで無いので要らないのが妥当だと誰もが思う事だろう。
    最終的には無償提供で又物を買ってくれるしフアンも増えると思うのでは無いだろうか?
  • やはりJASRAC以外の著作権管理団体の力が強くなって、競争が起きないと。
    まず、殿様商売に終止符を打たないとね。
  • JASRACのダメなところの一つは、こういったお金の渡り方の多様性を認めなかったところですね。
    著作者のためにあるはずの団体が著作者の意志を汲み取ることが出来ない。
    著作者向けに「この曲はこういう例外を設けたい」といったことが簡単に出来るようになっていません。
  • これってつまり自分か作った歌を自分の結婚式でかけたとしても
    お金が取られるという事ですよね?作品を私物化出来ないという
    JASRACとは一体どういう機関なんでしょうか?
  • 確か宇多田ヒカルの時も同じだったな
    アーティストの意向より
    JASRACの金儲けが優先
    ビジネスだから仕方ないが
    なんでもかんでもは正直嫌悪感を感じる
  • エイベックスはJASRACから全楽曲を自社管理に移行したけど、今後大きなレコード会社や個人事務所がそれぞれ権利を持つことになって行くのかな。そうなると、使用者も管理者も大変だからJASRACが存在したはずなのに。
  • JASRACに払うくらいなら、GLAYの事務所に支払うわ。
    きっとGLAYなら、その集まったお金を恵まれない人達に、使ってくれると信じてる。
  • 今回の件で、JASRACとかの存在の何たるかを論じるきっかけになれば。
    著作者に行かない金を徴収する団体って何?

 

JASEAC(日本音楽著作権協会)とは?

音楽(楽曲、歌詞)の著作権を持つ作詞者・作曲者・音楽出版者から録音権・演奏権などの著作権の信託を受けて、音楽の利用者に対する利用許諾(ライセンス)、利用料の徴収と権利者への分配、著作権侵害の監視、著作権侵害者に対する法的責任の追及などを主な業務としている。

社団法人であるため一般社団・財団法人法に基づいて非営利目的の運営が法律により定められている。

本部は東京都渋谷区の古賀政男音楽文化記念財団が所有するビル内に設置され、22の支部が日本全国の主要都市に設置されている。

JASRACは現存する日本国内の著作権管理事業者としては最も古く、1939年に設立された大日本音楽著作権協会をその前身とする。

 

音楽著作権の管理業務

概要

音楽著作権の管理をJASRACに委託しようとする作曲者、作詞者、音楽出版者は、自らが保有する音楽著作権の支分権の全部または一部をJASRACに移転する (信託契約約款3条1項) 。

JASRACは、作曲者等から著作権の移転を受けて、自らが著作権を保有し、著作権の対象である著作物(楽曲、歌詞)の利用を希望する者に対して利用許諾を行う。

著作物を利用した利用者からは使用料を対価として徴収し、6パーセント - 30パーセントの管理手数料を控除した上で、委託者に分配する。

このように、JASRACの著作権管理は「信託」によるものであり、作曲者、作詞者、音楽出版者が「委託者」、JASRACが「受託者」、音楽の利用者が「受益者」に相当する。

著作物の利用には、著作権の効力が及ぶ利用形態で、喫茶店・レストラン・ダンス教室(1971年より社交ダンス教室、2015年より全てのダンス教室に対象拡大)・歌謡教室(2016年より)カラオケ(1987年より、1997年からは通信カラオケにも対象拡大)・フィットネスクラブ(2011年より)・カルチャーセンター(2012年より)・音楽教室(2018年より予定)・コンサート会場等における不特定多数または特定多数向けの音楽の演奏、CD・DVD・映画・オルゴールなどへの音楽の複製、テレビやラジオによる音楽の放送、インターネットによる音楽配信などがある。

 

音楽の無許諾利用である著作権侵害の監視も業務の一環で、無許諾による音楽利用を発見した場合、利用許諾契約の締結を求めるほかに過去利用分を遡及して使用料の請求を行う。

損害賠償請求や使用差止請求などの民事訴訟手続や、告訴などの刑事手続に至る事例もある。

著作権侵害に対する法的措置は、喫茶店やレストランにおける無許諾演奏が最も多い。2005年度事業報告書では演奏権侵害に対する法的措置の総件数は2995件で3129店だが、市場の縮小や適法利用率の向上から2009年度は1713件、2010年度は1043件、2011年度は970件と減少している。

近年はインターネット上で違法に配信されている歌詞や音声ファイルを発見するシステムである「J-MUSE」を2000年10月に導入し、違法配信をするウェブサイトの管理者には個別に警告の電子メールを送付している。

 

利用形態ごとの状況

著作権のうち、放送権(著作権法23条1項、公衆送信権の一種)の管理をJASRACに委託している者の作品を放送するには、JASRACの許諾が必要である。

NHKや民放はJASRACと包括的契約利用許諾契約を締結しており、JASRACは各放送局の年間放送事業収入の1.5パーセントを放送使用料として徴収している。

2006年度にJASRACが放送局から徴収した使用料は255億円であった。JASRACが放送事業者から徴収した使用料は、15パーセントの管理手数料が控除された上で委託者に分配されている。

包括的利用許諾契約は音楽作品を利用する放送事業者にとっては利便性が高い契約形態である一方で、放送権の管理分野で99パーセントという圧倒的なシェアをもつJASRACが放送局に対して包括的利用許諾契約を認めた場合、他の著作権管理団体との公正な競争が危惧されている。

 

なんか・・・やっぱりGLAYの懐に入るの?

15%の管理手数料だけでOKっていう意味なのかな?

 

 



-いい話, 邦楽, 音楽
-, , , ,