【MLB】大谷翔平「ハイ、マイネーム・イズ・ショウヘイ・オオタニ」

 

日本ハムからポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャーに挑戦する大谷翔平投手が9日(日本時間10日)、エンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアムで入団会見を行った。

 

デニス・クール球団会長、アート・モレノ球団オーナー、ジョン・カーピーノ球団社長、マイク・ソーシア監督、ビリー・エップラーGM、ネズ・バレロ代理人、マット日高通訳が同席した中で行われた会見はファンにも公開され、大谷が紹介されると大歓声が上がった。

エンゼルスカラーの赤いネクタイを着けて会見に臨んだ二刀流右腕。

オーナーから渡された帽子をかぶり、背番号「17」のユニフォームに袖を通すと、第一声で「ハイ、マイネーム・イズ・ショウヘイ・オオタニ」と英語で挨拶。

再び大歓声が上がった。

 

その後、関係者への感謝の言葉を並べた大谷は

「メジャーリーグのスタートラインに立つことができて感謝しています。エンゼルスの皆さんと優勝を目指して頑張っていきたいと思います」

と意欲。

また、挨拶の最後には

「最後に1つだけ、今日、マイク・トラウト選手の結婚式がありますので、結婚おめでとうございます。一日でも早くエンゼルスの選手の皆さんとお会い出来るのを楽しみにしています」

と“気遣い”も見せ、再び会場をわかせた。

 

大谷は日本で二刀流として活躍。

投手として85試合登板で42勝15敗、防御率2.52、打者としては403試合で打率.286、48本塁打、166打点をマークした。

昨年は日本一に貢献し、MVPに選出。

今季終了後にメジャー挑戦の意思を表明し、日本ハムもポスティングシステムを利用しての移籍を容認した。

 

新労使協定のもとでは契約金が制限され、当初はマイナー契約となる異例の大争奪戦には、ほとんどのMLB球団が参戦。

プレゼン資料による“書類選考”でマリナーズ、レンジャーズ、エンゼルス、パドレス、ドジャース、カブス、ジャイアンツの7球団に絞った大谷は、ロサンゼルスで面談を行い、エンゼルス入団を決断していた。

 

エンゼルスのチームメイト達

マイク・トラウト(Mike Trout)

中堅手 右投右打

メジャーリーグで最も注目度の高い選手と言っても過言ではないでしょう。

走・攻・守全てにおいてメジャー最高レベルの選手です。

メジャー通算は7年ながら、MVPを2回、シルバースラッガーを5回受賞し、オールスターゲームには6度も出場しています。

2017シーズンは走塁中に負傷し戦線を離脱しましたが、出塁率.442と長打率.629はいずれもキャリアハイで、リーグ首位を獲得しました。

年齢は26歳と若く、まだまだ伸びしろを残しているという意味でも恐ろしい選手です。

 

 

アンドレルトン・シモンズ(Andrelton Simmons)

遊撃手 右投右打

メジャー最強のショートストップとも言われているアンドレルトン・シモンズ。

2017シーズンは自身3度目となるゴールデングラブ賞を獲得しています。

これを裏付けるものとして、DRSという守備での貢献度を表す指標では+32を記録。

全メジャーリ―ガーで最高の数字を叩き出しました。

打撃面でもOPS.752は自己ベストで、攻撃面でもチームに貢献しました。

 

 

アルバート・プーホルス(Albert Pujols)

指名打者 右投右打

2018年でメジャー通算18年目を迎える大ベテラン選手。

2017年6月3日に史上9人目となる通算600本塁打を達成しました。

メジャー通算ではMVP3回、シルバースラッガー6回受賞など輝かしい実績を残していますが、2017シーズンは打率.247、出塁率も3割を下回る結果で衰えを隠しきれない1年となりました。

通算安打も 2968本で 3000本まであと32本です。

 

いや~彼らと一緒のプレーが早く観たいですね!!

 

 

クラブハウスで同僚から反感を買う可能性も…

投打両面で圧倒的な能力を見せつけてきたことから、米国内でも「日本のベーブ・ルース」と呼ばれている大谷。

ただ、その期待値は異常なまでに高まっており、注目度も抜群。日米のメディアが殺到することも予想される。

 

記事では「期待をコントロールする」という項目で、イチロー獲得時にマリナーズのGMだったパット・ギリック氏の

「我々は彼を成功させるために、あらゆる手を尽くしたかった。日本からやってきて、彼は適応できるのだろうかという疑念があった。日本の球場はより小さく、そしてレベルも異なっていた。人々はレベルの高いトリプルAだと考えていた」

というコメントを紹介。

「彼は開拓者のようだった」として、結果的にイチローが重圧をもろともせずに圧倒的な成績を収めたことを回顧している。

「オオタニは異なった道を開拓しようとしている。彼は並外れた注目を浴びるだろう。彼が素晴らしい二刀流の能力を有しているためである」

 

大谷は日本時代から注目を浴びることには慣れているはずだが、エンゼルスがある程度のコントロールをすることは当然、必要となる。

その点では、2010年に松井秀喜氏が所属していたことは、球団としてもプラス材料になるかもしれない。

松井氏は2009年にワールドシリーズMVPに輝き、ヤンキースを契約満了となってエンゼルスと契約。その時もアナハイムには多くのメディアが集まっていた。

 

記事では、この次に「メディア襲来」という項目を設け、マリナーズでイチロー、アスレチックスで松井氏の監督だったボブ・メルビン氏(現アスレチックス監督)の

「一群がひとりの選手を取材するんだ。辛抱強く、すべての質問に答え、そしてすべての質問がこのひとりの選手に関することであると理解しなければならない。彼らは毎試合、何かを書かなければいけないんだ。4打数0安打で何も起こらなくとも、彼らには書くべきネタがある」

というコメントも掲載。

だからこそ、球団として、これに慣れていることは大きい。

ただ、イチローや松井氏、ダルビッシュ有投手、田中将大投手といった日本出身の注目選手とチームメートになったことのないプレーヤーはどうか。

メジャーでは、メディアがクラブハウスに入ることができる。

試合後などに、活躍した選手がロッカーの前で取材対応をすれば、メディアの大きな輪ができて、隣の選手は取材が終わるまでロッカーを使えないことも。

これが毎日続き、しかも大谷が活躍できていなければ、チームメートから反感を買う可能性もあると、記者は指摘している。

 

「クラブハウスにおける親和性への影響」という項目では、日本で長年野球記者を務めるジョン・E・ギブソン氏が同メディアの取材に対してメールで回答しており、

「オオタニの隣のロッカーの選手は、もしオオタニがチームに貢献することを何もせず、リポーターやテレビカメラの一団が道を開けるのを毎日20~30分待たなければいけないとしたら、徐々に反感や軽蔑の念が生まれるだろうね」

としている。

 

一方で、同記者は

「彼は決意の固い男だと、私は思う。彼は競争を恐れない。失敗もね。彼は少し異なった道を行くように思える」

とも指摘。

強い意志で海を渡る大谷が正当な競争の中で力を見せつけ、存在感を示していけば、問題はない。

 

この他、記事では

「文化への適応」

「トレーニング、メディカルスタッフの必要性」

「臨機応変になることが必要」

「新しいものすべてに対応する」

といった、これまでの日本人選手が乗り越えてきた「難題」も挙げられている。現地時間9日午後3時(日本時間10日午前8時)に本拠地エンゼル・スタジアムで行われる入団会見から早速、日米メディアが殺到することは確実。

 

大谷が「障害」を跳ね返し、“伝説“となることに期待が高まっている。

 

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-, ,