【富岡八幡宮の殺傷事件】姉弟間で過去にもトラブル

 

東京・江東区にある富岡八幡宮の宮司の女性らが襲われ、2人が死亡、1人が重傷を負いました。襲ったのは宮司の弟で、その後に自殺を図り死亡しました。

7日午後8時半前、江東区富岡で、富岡八幡宮の宮司の富岡長子さん(58)が車から降りた直後、近くに隠れていた弟の茂永容疑者(56)に日本刀で刺されました。

長子さんは胸などを刺され、病院に運ばれましたが死亡しました。

 

車を運転していた男性(33)はその場から逃げましたが、茂永容疑者と一緒にいた30代くらいの女に追い掛けられて日本刀で腕を切られ重傷です。

その後、茂永容疑者は30代くらいの女を刃物で刺した後、自らの胸を刺し、自殺を図ったということです。

茂永容疑者と女は病院に搬送されましたが死亡しました。

殺害された長子さんと親交がある柿沢未途衆院議員:

「(神社の関係者から)もしかしたら被害者は長子宮司かもしれないと聞いた。富岡八幡宮が神社本庁から離脱するとかニュースで取り沙汰されてましたから。長子宮司はどっしり構えていたので、身の危険が迫っている雰囲気はなかった」

長子さんと茂永容疑者は、過去に宮司の職を巡ってトラブルがあったとみられていて、警視庁が殺人事件として捜査しています。

 

東京・江東区の富岡八幡宮の近くで男女が切りつけられ2人が死亡した事件で、富岡八幡宮の宮司の女性は7日にブログを更新していた。

タイトルは、「世の中間違ってやしませんか」というもので、「私はここ数日、機嫌が良くありません」「神職(しんしょく)の集まる飲み会で一部の神社の神主にはセクハラ、パワハラ、ネグレクト、嫌がらせが横行している」などとつづられていた。

その上で、

「それっておかしくありませんか」

「何で私に我慢を強いることができるのでしょうか」

などと書き込んでいた。

 

東京都江東区の富岡八幡宮をめぐっては、死亡した宮司の富岡長子さん(58)に対し、「地獄へ送る」などと脅したとして弟(56)=死亡=が逮捕される事件が起きていた。

最近も、富岡さんの宮司就任に関するトラブルから、神社本庁を離脱している。

 

弟も宮司を務めていたが、2001年に退任。

06年1月、当時宮司に次ぐ神職の禰宜(ねぎ)だった富岡さんに

「必ず今年中に決着をつけてやる。覚悟しておけ」

「積年の恨み。地獄へ送る」

などと記したはがきを送付したとして逮捕された。

 

富岡さんらには他にも、数通の脅迫文が送り付けられていたという。

富岡八幡宮関係者によると、10年に富岡さんの父が老齢のため宮司を退き、後継に娘を指名。

八幡宮の責任役員会が神社本庁に具申したが回答がなく、数年にわたり宮司が任命されない状態が続いた。

 

八幡宮側は弁護士を立てて神社本庁に照会したものの、それまでの具申が突き返されてきたこともあったという。

八幡宮は今年9月28日付で神社本庁から離脱した。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,