暴力事件も3.6億円ゲット 現状維持のG山口俊に「甘い」の声

 

巨人の山口俊(30)が6日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の2億3000万円でサインした。

DeNAからFA移籍1年目の今季は右肩痛で出遅れた。

4試合で1勝1敗、防御率6.43。期待とは程遠い成績に終わっただけでなく、7月には酒に酔って都内の病院で大立ち回り。

傷害と器物破損の疑いで警視庁に書類送検される暴力トラブルを起こした。

 

球団から今季終了時までの出場停止、1億円以上とみられる罰金、複数年契約を短縮される処分を受け、選手会側は「不当に重い」と巨人側に見直しを求めるなど、その後も騒動は続いている。

 

この日、本人は来季の年俸額に関して「ご想像にお任せします」と口をつぐんだが、メディアは一様に、「8000万円だとされた今季年俸が2億3000万円だったもよう」と報道。

FA入団時に「3年総額7億円」と報じられたことからも、この年俸額に大きな開きはないだろう。

 

■今季、投げたのはわずか4試合

「つまり、1億円の罰金を食らい、当初の3年契約が2年に削られたとしても、2年で3億6000万円の年俸は手にするわけだ。春先から肩を痛めてシーズンに出遅れ、6月になってようやく一軍初登板。1勝を挙げたと思ったら、7月にあの前代未聞の事件だ。

不祥事は、6月の13連敗のあとの追撃ムードに水を差す最悪のタイミングだった。選手会は球団が科した処分を『不当に重い』としているが、解雇されてもおかしくなかった。2年3億6000万円なら、年俸は1億8000万円。今季、4試合しか投げなかったことを考えれば、それでもベラボーだ。球団内には『甘い』との声もあると聞くが、当然の反応だよ」(巨人OB)

 

この日、菅野と並ぶ先発の柱を担ったマイコラス(29)がカージナルスと契約。

巨人退団とメジャー復帰が正式に決まった。

マイコラスは3年間で62試合に登板し、31勝13敗、防御率2.18。15年には最高勝率、今季は最多奪三振のタイトルを獲得したエース格の流出で先発にポッカリと大きな穴があいた。

 

山口俊は、

「一社会人としてもう一回、自分を見つめ直したい。菅野、田口という先発投手がいるので、しっかりそこに続いて成績を出せるようにしたい。(チームメートには)いろいろ厳しい言葉ももらったが、前を向いてやろうと思う」

と神妙な面持ちで話したものの、手にする4億円近い金額を考えれば、来季20勝を挙げても足りないくらいである。

 

来季思うような働きが出来なければ「給料どろぼー」ですね。

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-,