TVが報じぬ「北朝鮮不審船」のヤバさ!!

 

北朝鮮の不審船が明らかにしたヤバさ

北朝鮮からの不審船が次々とやってきています。果たしてこれで国防は大丈夫なのか。と不安になったのは、海上保安庁に電話取材したからです。

ヤバイよ、マヂで、というお話。

北朝鮮と思われる、と表現していますが、北朝鮮からとしか考えようのない不審船。

北朝鮮の漁船と考えられています。

 

多くの事情通が指摘している可能性のひとつが、経済制裁によりガソリンなどの燃料の供給が困難となったことで、充分に給油せずに出港し、ガス欠の果てに漂着したのではないかというもの。

 

沿岸の漁場は、目先の金欲しさから中国に漁業権を販売してしまった北朝鮮は、自国の食量を確保するのに遠出をし、無駄なガソリン代を支払っているのですから、三代続けて経済が分かっていないようです。

 

ともかく遠出したらガス欠。海流や偏西風に乗って辿り着く我が国。迷惑以外の何者でもありませんが、遭難者を助けるのは国際的にも常識で、なにより我が国ではエルトゥールル号事件をはじめ、困っている人を助ける文化があり、これは美徳です。

 

ただし、彼らが何の目的だったのかは、それによって対応を変える必要はあるでしょう。

例えばそれが軍人ならば、どうするか。実際、北朝鮮軍と表記のあった不審船も漂着しています。

 

軍人だって漂着します。

救出するとしても、漂着前の目的は何だったのか、何をしていたのか、国際常識に照らせば救難信号も発しないまま漂着した人物は、拘束され尋問の対象となります。とりわけ緊張関係にある相手国民ならば当然のことです。

 

しかし、報道を見る限り「漁師」と信じて保護し帰国させているようです。大丈夫か日本。

 

これを議論する場所である国会で、いま何をやっているかと言えば、いまだに「モリカケ」。

さらにはいわゆる「詩織」案件で、自称ジャーナリストの伊藤詩織氏が、レイプを訴えたところが不起訴処分となり、さらに検察審査会においても不起訴が確定したジャーナリスト山口敬之氏の「罪」を問おうとして、絶望の党、もとい死亡の党、コホン、希望の党の柚木道義議員が審議をストップさせ、それをフリンセス・パコリーヌ・シュウヨンさんこと山尾志桜里議員が援護射撃しています。

とりわけ、山尾志桜里氏は「元検察」をウリにしており、つまりこうして「冤罪」が生み出されるというライブ映像が、衆議院のネット動画でいつでも確認できます。

 

国会の報道もこればかり。質問時間の配分で揉め、増えた与党の質問時間をどう使っているか、という報道はなく「さて、モリカケ問題です」と議題を絞って野党どもの質問だけを報じ、全体像は一切触れません。

 

さすがにこの話題も「視聴率」がとれなくなったようで、いまは「日馬富士暴行騒動」ですが、こんな興行団体の内紛など、国防の前にはうたかたの価値すらないのですが、執拗に取りあげ、いまは「傲慢な白鵬」の吊し上げ、メディアリンチです。

この不審船により、またひとつマスコミの「馬脚」が明らかになったのは朗報といえば朗報でしょうか。

 

7月に開かれた閉会中審査において、加戸守行前愛媛県知事の証言を引き出し、ファクト(事実)においては加計学園獣医学部設置に疑惑無しとの結論を導いた青山繁晴議員(自民党)の質問を、左派系のマスコミは黙殺してきました。「報道しない自由」です。

 

ところが、不審船の船員が、無人島の施設を破壊し「居住」していたかもしれないと、海保や警察が「白い防護服」を着て捜査する姿に「国会でも議論されています」と、2017年12月5日のテレビ朝日「グッドモーニング」では、青山議員による北朝鮮によるBC兵器への対策がなされているのかとの政府へ質問が紹介されていました。

 

何を意味するか。

 

つまり少なくともテレビ朝日は、青山繁晴議員の質問を「録画」しておきながら、それに対して「報道しない自由」を行使してたということです。

違うというのなら、報道機関としてもっと残念。

 

放送電波の事実上の独占(寡占)使用が認められているのは、そこに公共性が与えられているからですが、北朝鮮の不審船が大挙して押しかけていることより、確たる疑惑すら明らかになっていない「モリカケ」のほうが「ニュースバリュー(価値)」があると信じていたという告白です。

つまり、ニュースの価値を分かっていなかったという告白と同義でしょう。

 

いまのところ、北朝鮮の漁船とみるのが妥当なようですが、現実にフォーカスを当てれば、上陸を許している、すなわち「不法入国」を見つけられるずにいるということです。

もっと言葉を窮めれば、「領海侵犯」から「領土侵犯」であり、北朝鮮による「侵略」を許しているということです。実にヤバイ話です。

 

そしてこれは初めてのことではありません。横田めぐみさんに代表される北朝鮮による「拉致被害者」の大半は、我が国にいながら、密入国してきた北朝鮮の工作員により連れ去られており、いまもその穴が塞がれていないということが露呈したのです。

むろん、長い海岸線を持つ我が国で、ウミガメ1匹の侵入すら見逃すな! とは憲法9条があれば戦争は起きないというほど無理な空論ですが、それでも某かの体制、対策、またはその議論は不十分とは、国会を見ていての結論です。

「モリカケ」と「詩織」ですからね。

一方、偏西風が強くなる冬場は、ときどき北朝鮮の漁船や、その破片などが漂着することがあり、海上保安庁に電話して広報に質問しました。するとこんな答えが返ってきます。

「例年通り」

報道は多いがと訊ねると

「昨今の情勢からではないか。視聴率とか」

と面倒そうに回答。

 

全体比ではどうかと訊ねると

「そんなものはない」

と突っぱねるので、発表していないのかと食い下がると

「その都度毎に海上保安庁は発表している。報道しないのはマスコミの判断だ」

と態度を硬化。

 

役人は国民の奉仕者で、広報はすべて下手(したて)にでろ、などとは思いませんが、かなり態度は不遜。

まぁ笑顔は金に含まれないという欧米式なのかもしれません。海保は海保の仕事をしていれば充分ではあります。

しかし、なぜ統計をとっていないのか。役所仕事の性質から、これはあり得ないこと。

この常識に照らせば、統計をとっているのに発表していないということ。

 

北朝鮮から漂着した船が、本当に漁民だとして、空腹で恐怖心を抱えていたなら、そこにいる日本国民に危害が及ぶことは想定の範囲内です。

こうした危機への警告は、海保の仕事ではないというのか。ならばどこが担うべきか。それとも我が国には憲法9条があるから、平和を愛する諸国民しか漂着してこないという空論は、拉致を挙げるまでもなく破綻しています。

ただし、例年通りとする言葉を信じるなら、毎年、これだけの大量の不審船が漂着している事実を報じないマスコミの「報道しない自由」が責められるべき、と原稿を用意していたら、2017年12月5日の朝日新聞Web版は「乗員上陸の島、家電盗難? 木造船の漂着続発、11月最多28件」と報じています。

 

…増えているじゃん。海保さんよ。

 

すると新たな危機が浮上します。

  1. 本当に統計を取っていない
  2. 統計が共有されていない

前者なら論外。後者ならヤバイ。その場凌ぎの「対応」だけでは「対策」がとれません。

つまりいつまた「拉致」が起こっても不思議ではないということ。

あの悲劇から一切の反省がない証拠。

 

また後者ならば、折角の情報が共有されておらず、その統計や集計とは、報告書に記されるだけでなにも活かされないなら紙資源の無駄。

「安倍首相は拉致被害者奪還を目標に掲げるが、再発防止策はまったく講じられていない! 無責任政権だ!」

と、安倍政権を倒したいなら、マスコミも野党もこうした具体的な批判と、問題提起から始めるべきですが、いままだ「モリカケ」で、最近は山口さん。検察審査会で不起訴になった「無罪」の人物に「罪」を被せようとする、これまた魔女裁判。

 

我々、国民がとれる行動はこんなコトぐらい。

「夜道は気をつける。沿岸部は特にね」

ということしかできません。

 

ついでにいえば、いまもって「モリカケ」や、立法府が司法の判断を覆そうとする「詩織」案件を騒ぐ、柚木なんちゃらや、山尾うっふーんさんらを、次の選挙で落選させることです。

 

実に腹立たしいなか、我が国は「危機」に襲われています。

 

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, ,