「貴乃花」停戦条件は「モンゴル互助会」殲滅

 
殲滅】せんめつ《名・ス他》残らず滅ぼすこと。皆殺しにすること。

 

日馬富士(33)の暴行事件を巡る貴乃花親方と相撲協会の争いは長期化の様相を呈している。

親方が来年の初場所にも被害者の貴ノ岩(27)を出場させない意向をもらしているためだが、その彼が八角理事長に突きつけた停戦条件は1つ。

それは、「モンゴル互助会」の殲滅――。

八百長に応じず、ガチンコ相撲を貫く貴ノ岩は、かねてより“汚い相撲は取らない”と公言。

事件の夜には、これを耳にした参加メンバーから、貴ノ岩の言動に対する叱責があったという。

***

「貴ノ岩がガチンコ力士だというのは有名です」

と話すのは、今回の事件を機にモンゴルから来日し、日本のメディアをさんざん引っ掻き回して嵐のように去って行った元旭鷲山だ。

「今年、貴ノ岩は横綱白鵬に勝ったけど、モンゴル会に来ないから、皆に嫌われているというのもあった。だからちょっと“なんだ”と……。親方が真面目すぎてモンゴル会に行かせてもらえない、というのもあったわけだけどね」

 

また、モンゴルにいる貴ノ岩の兄に聞くと、

「日本の相撲界のナイラ(八百長のこと)については聞いているよ」

とのことだった。

 

今回の事件を巡っては、貴乃花親方が協会に報告することなく警察に被害届を出したことや、その後の協会からの聞き取りに「よく分からない」などと答えたことが「不可解な事実」として報じられてきたが、

「これも“八百長”“ガチンコ”というキーワードを含めて事件全体を捉えると、クリアになります」

 

貴乃花親方に近い相撲協会関係者はそう語る。

「まず、そのようなキーワードが見え隠れするような事件について協会に報告しても揉み消されるのは目に見えている。だから協会からの聞き取りをはぐらかし、貴ノ岩本人への聴取を拒否し続けているのです」

 

民事訴訟検討の理由

早々と警察を介入させた理由はそれだけではない。

「貴ノ岩が警察の聴取に対して、“八百長”“ガチンコ”という言葉を口にすれば、それは供述調書という公的な書類に残される。貴乃花親方が民事訴訟も辞さない構えを見せているのも同様の理由で、裁判の過程で貴ノ岩が八百長に言及すれば、それは裁判記録に残るし、傍聴した記者が記事にするかもしれない。

警察や裁判所が事実を把握し、それが公になれば協会の八角理事長も動かざるを得なくなる。貴乃花親方の狙いはそこにあるのです」(同)

 

現役時代、ガチンコ相撲を貫いた貴乃花親方の「八百長嫌い」は徹底しており、

「北の湖さんが理事長をやっている時に貴乃花親方が“八百長完全根絶”を進言したことがある。北の湖さんは“俺の時代には勘弁してくれ。でも、お前が理事長になったら自由にしていい”と言ったそうです。また、八角さんが理事長になってからも同様の提案をしたが、“そのうちに”とはぐらかされた」(同)

 

そこで今回の事件を機に、改めて「モンゴル互助会」の殲滅を求めたわけである。

その問題に手を付けない限り「停戦」はしない、と。

 

「不可解」な協会の回答

今回の事件の背景に「八百長問題」があるということについて相撲協会に聞いたところ、

「貴誌が指摘するような事実はいずれも一切ございません」

との回答が寄せられた。

 

貴乃花親方に拒否されているせいで未だ貴ノ岩本人から一度も事情聴取できていないにもかかわらず、なぜそうした事実はないと断言できるのか。それこそ「不可解」と言わざるを得ないのである。

 

貴乃花親方に近い相撲協会関係者(前出)が語る。

「千秋楽の優勝インタビューで“日馬富士を再び土俵に上げてあげたい”と語った白鵬に貴乃花親方が激怒しているのは間違いない。しかしそんな白鵬を全くコントロールできていない八角理事長への怒りはそれ以上。それもあって千秋楽パーティーで事件について語ったのだと思います」

 

そこで“正当に裁きをしていただかなきゃいけない”、“私は本気で相撲道に向き合う力士しか育てたくありません”と話した貴乃花親方。

 

それは、“本気で相撲道に向き合っていない”力士への宣戦布告のようにも聞こえた――。

 

やはり八百長疑惑が絡んでいるんですね。

「初っ切り」でたくさんです。

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,