羽生善治が竜王戦で勝利、史上初「永世七冠」に!!

 

将棋の羽生善治棋聖(47)が5日、史上初の「永世七冠」を達成した。

第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で渡辺明竜王(33)を4勝1敗で破り、通算7期目の竜王を獲得。

永世竜王の条件を満たしたことで、規定がある七つのタイトル全てで永世称号を手にした。

 

鹿児島県指宿市で4日から行われた第5局。攻勢をとった羽生棋聖がリードを奪い、午後4時23分、87手で大勝負を制した。

残り時間は羽生棋聖が1時間15分、渡辺竜王が1時間10分。通算タイトル獲得数は99期に達し、自身の持つ史上最多記録も更新。大台の100期まで、あと1期とした。

 

永世称号の規定は各タイトルごとに「通算5期」「連続5期」「通算10期」などと定められている。永世竜王は「連続5期獲得」か「通算7期獲得」が条件。

原則、引退後に名乗る。

羽生棋聖は2008年に永世名人の資格を得て、棋士の中で初めて六つ目の永世称号をものにしたが、永世竜王にはなかなか手が届かなかった。

将棋界には八つのタイトルがあるが、今年新設された叡王は永世称号の規定がない。

また、47歳2カ月でのタイトル獲得は史上4番目の年長記録となる。

羽生棋聖の話

シリーズが終わったのでほっとした。まだ実感はない。シリーズを通しては、せっかくの機会なので思い切って積極的に行こうというつもりだった。

(タイトル獲得99期について)次がいつあるか分からないが、自分なりにいい状態で次のシリーズを迎えられたら。

 

 

加藤一二三九段の話

覇者として将棋界を牽引(けんいん)し続けて30余年。類い稀(まれ)なる才能をたゆまぬ努力により開花させた羽生さんが、ついに前人未到の金字塔を打ち立てられたことに最大限の賛辞を送りたいと思います。

今後の活躍を益々(ますます)楽しみにしております。

 

佐藤康光 日本将棋連盟会長

この度は四度目の竜王復位、並びに「永世竜王」の資格獲得、「永世7冠」の達成、誠におめでとうございます。前人未到の偉大な記録に改めて敬意を表します。

どんな厳しい環境、状況下におかれてもそれを受け入れ、戦い続ける姿勢には畏敬の念にたえません。これからも体調にご留意され、益々のご活躍を祈念いたします。

 

谷川浩司九段

永世称号は一つだけでも大変なのに、七つ全てとは信じられません。羽生さんの飽くなき好奇心、探究心が、47才になっても若手と最新型でぶつかり合う姿勢につながっているのでしょう。

相手の得意形に飛び込み、相手も良い内容の将棋を指す中で、結果を出し続けるのが凄いと思います。永世竜王は4度目の挑戦、15年越しということで喜びも一入でしょう。心よりお慶び申し上げます。

 

中原誠 十六世名人

永世7冠おめでとうございます。羽生さんのたゆまぬ努力に敬意を表します。45歳を過ぎてからは、さすがの羽生さんもタイトル戦で苦労することが多いようですが、その中での大記録達成は立派だと思います。これからの一年、一年にも注目したいと思っています。

 

藤井聡太四段

竜王奪取そして永世7冠の獲得、おめでとうございます。「永世7冠」という言葉の重みに羽生先生が積み上げてこられたものの大きさを改めて感じています。今後ますますのご活躍を期待しています。

 

囲碁の井山裕太7冠

この度は永世7冠達成、誠におめでとうございます。長きに亘り結果を残し続けられるそのお姿に、敬服いたしております。今後も健康に留意され、私を含めた多くの人々の目標で有り続けていただければと思います。

 

 

タレントのつるの剛士は、同日朝から

「いよいよ竜王戦2日目。今日羽生先生が勝たれれば、前人未到の偉業、『永世七冠』が誕生する日になります」

とツイートするなど対局に注目。

羽生棋聖が勝利すると「【勝手に号外】」と題し、

「長い将棋歴史史上初『羽生善治永世七冠誕生』!これから先何百年と語り継がれる歴史的な日に生まれてこれてよかった!!羽生永世七冠、そして、全国の将棋ファンの皆様おめでとうございます☆あぁ、今年は沢山の伝説を目の当たりにできて将棋ファンにとって本当に幸せな一年だあ。。」

と喜びを爆発させた。

 

脳科学者の茂木健一郎氏もTwitterで対局前から

「羽生善治さん、本日、永世七冠達成なりますでしょうか。鹿児島指宿での闘い、かたずをのんで見守り、お祈りしております。すばらしい一日になりますように!」

と勝利を祈念。

そして、永世七冠達成の報せに

「凄い! 初タイトルも竜王。再び、その竜王で『永世七冠』を達成! 羽生善治さんの将棋人生がぐるりと一回りしたようです。これだけの長い間、第一線で活躍し続けるのは、大変なことだったと思います。羽生さん、おめでとうございます! 今夜はゆっくり休んでくださいね!」

とツイートした、羽生永世七冠と竜王の縁に感慨もひとしおだったようだ。

 

SKE48鎌田菜月は、

「羽生永世竜王!永世七冠!!ついに!前人未到の!!おめでとうございます!タイトル合計100期も秒読みでしょうか?!す、すごすぎる。伝説がまた1つ…!」

とツイート。

今回のタイトル獲得で羽生善治棋聖がタイトル通算99期となったことを引き合いに、通算100期への期待をふくらませた。

 

 

昇段履歴

  • 1982年12月2日(12歳) - 6級で奨励会入会
  • 1983年2月3日(12歳) - 5級 (9勝3敗)
  • 1983年3月28日(12歳) - 4級 (6連勝)
  • 1983年5月11日(12歳) - 3級 (6連勝)
  • 1983年7月7日(12歳) - 2級 (6連勝)
  • 1983年8月24日(12歳) - 1級 (6連勝)
  • 1984年1月11日(13歳) - 初段 (12勝4敗)
  • 1984年9月10日(13歳) - 二段 (14勝5敗)
  • 1985年4月25日(14歳) - 三段 (12勝4敗)
  • 1985年12月18日(15歳) - 四段 (13勝4敗)= プロ入り(当時史上3人目の「中学生棋士」)
  • 1988年4月1日(17歳) - 五段 (順位戦C級1組昇級)
  • 1989年10月1日(19歳) - 六段 (竜王挑戦)
  • 1990年10月1日(20歳) - 七段 (前年の竜王位獲得による)
  • 1993年4月1日(22歳) - 八段 (順位戦A級昇級)
  • 1994年4月1日(23歳) - 九段 (タイトル3期)

 

タイトル・永世称号

タイトル 番勝負 獲得年度 登場 獲得期数 連覇 永世称号資格
竜王 七番勝負
10-12月
89(第2期), 92, 94-95, 01-02,17 13 7期
(歴代2位)
2 永世竜王
名人 七番勝負
4-6月
94(第52期)-96, 03, 08-10, 14-15 16 9期
(現役1位)
(歴代3位)
3
(※2度)
永世名人
(十九世名人)
王位 七番勝負
7-9月
93(第34期)-01, 04-06, 11-16 23 18期
(歴代1位)
9
(歴代2位)
永世王位
王座 五番勝負
9-10月
92(第40期)-10, 12-16 26 24期
(歴代1位)
19
(歴代1位)
名誉王座
棋王 五番勝負
2-3月
90(第16期)-01, 04 17 13期
(歴代1位)
12
(歴代1位)
永世棋王
王将 七番勝負
1-3月
95(第45期)-00, 02, 04-08 18 12期
(現役1位)
(歴代2位)
6
(歴代2位タイ)
永世王将
棋聖 五番勝負
6-7月
93前(第62期)-95(第66期),
00, 08-17
19 16期
(歴代1位タイ)
10
(※継続中)
(歴代1位)
永世棋聖
登場回数合計132(歴代1位)、獲得合計99期(歴代1位)
史上初の名誉NHK杯選手権者 (NHK杯通算10回目の優勝時に与えられる)

 

 

永世称号一覧

永世称号 条件 該当者 資格獲得年 襲位(就位)年 備考
永世竜王 連続5期または通算7期 渡辺明 2008年 (現役棋士)
羽生善治 2017年 (現役棋士)
永世名人 通算5期 木村義雄 1952年 1952年 十四世名人
大山康晴 1956年 1976年 十五世名人
中原誠 1977年 2007年 十六世名人
谷川浩司 1997年 (現役棋士) 十七世名人資格者
森内俊之 2007年 (現役棋士) 十八世名人資格者
羽生善治 2008年 (現役棋士) 十九世名人資格者
永世王位 連続5期または通算10期 大山康晴 1964年 1992年[注釈 29]
中原誠 1977年 2008年
羽生善治 1997年 (現役棋士)
名誉王座 連続5期または通算10期 中原誠 1996年 2007年
羽生善治 1996年 (現役棋士)
永世棋王 連続5期 羽生善治 1995年 (現役棋士)
渡辺明 2017年 (現役棋士)
永世王将 通算10期 大山康晴 1965年 1973年
羽生善治 2006年 (現役棋士)
永世棋聖 通算5期 大山康晴 1964年 1992年
中原誠 1971年 2008年
米長邦雄 1984年 1998年
羽生善治 1995年 (現役棋士)
佐藤康光 2006年 (現役棋士)

 

いやはやすごい人達ばかりですね。

藤井さん・・・まだまだ先は長そうです・・・

 

 

-いい話, スポーツ, 話題
-, , , ,