協会や理事を激怒させた 貴乃花親方の“女装カレンダー事件”

 

3日から始まった大相撲の冬巡業。今回は稀勢の里をはじめ、力士13人が欠席となったが、唯一、休場理由が明らかになっていないのが巡業不参加の貴乃花親方(45=元横綱)の弟子、貴ノ岩(27)だ。

これには巡業部長代理を務める春日野親方(元関脇栃乃和歌)も「何も聞いていない」と困惑。

この日になっても、貴乃花親方からの報告はなかったという。

 

11月場所中に発覚した「日馬富士暴行事件」の被害者である貴ノ岩は、11月場所を全休。

師匠の貴乃花親方は1月場所の休場も示唆している。

しかし、だからといって巡業を休む際に義務付けられている診断書を出さなくていいことにはならない。それはそれ、これはこれだ。

 

貴乃花親方の「ルール無視」は、いまや常態化している。

昨年4月に行われた「反社会的勢力排除に伴う講習会」を、理事でただひとり欠席。

弟子もろともばっくれた。

 

公益財団法人への移行に伴い力士の法的身分などを定めた入門時の誓約書は全部屋に提出義務がありながら、貴乃花部屋だけ未提出のままだ。

横綱審議委員会の稽古総見も弟子ともども欠席が続くなど、一体どこの組織の理事かといったありさまなのだ。

 

今回の事件でも、貴ノ岩を聴取したいという協会の要請を断固拒否。

理事会でつるし上げられ、「日馬富士が書類送検された後なら」と、渋々認めたのが実情だ。

 

テレビの報道によれば、貴乃花親方は警察に被害届を提出した際、「何を言われようと弟子を守る」と話したという。

しかし、過去に親方が守ろうとしてきた相手は誰だったか。

 

■野球賭博に裏金顧問…

2010年の野球賭博事件では賭博の中枢にいた大関琴光喜、大嶽親方(元関脇貴闘力)が追放されるや、当時の体制に猛反発。

琴光喜については「番付を落として出直させるべき」と、協会に自らの退職願まで出して処分撤回を迫った。

琴光喜は自分と同盟関係にある時津風一門の力士。貴闘力は兄弟子で、自分の一派だった。

 

故・北の湖理事長の側近で、代理店関係者からの裏金500万円をバッグにしまう動画を撮られた裏金顧問がクビになったときは、「なんで彼をクビにするんだ!」「戻してほしい!」と理事長室に怒鳴り込んだといわれる。

貴乃花親方は相撲教習所の所長時代、「親や親方に言えないことをするな」と話していた。

貴乃花部屋のホームページに掲載されている訓示にも「人の道に外れないよう自身を鍛え勝負に備える事」とある。

それでいて暴力団が絡んだ野球賭博に手を染める、裏金を平気で受け取るといった「人の道に外れた」連中を口角泡を飛ばしてかばっているのだ。

 

こだわっている「相撲道」とやらについても、実際は薄っぺらじゃないかとクビをかしげたくもなる。

「週刊女性PRIME」が報じた女装カレンダーがそれで、昨年末、後援者に配布されたという。

 

ある親方が言う。

「貴乃花一派の親方11人が本格的にメークして女装している。当初、協会は何も知らされておらず、発覚したのは今年の9月ごろ。当然、多くの親方衆や理事はア然。『こんなのが出回っては力士のイメージに関わる!』と声を荒らげた親方もいたほどです」

 

日馬富士の書類送検は今週末に行われる見込み。

貴ノ岩への協会の聴取は刻一刻と迫っているが、もはやモンゴル勢との対立は避けられず、彼らの怒りはこの師弟に向けられている。

気の毒なのはモンゴル勢と師匠の板ばさみに遭っている貴ノ岩。

守ってもらうどころか、師匠の手によって絶望のふちへと突き落とされそうだ。

 

どんな結末が待っているのか・・・貴ノ岩は確かに板挟みになっているのでは・・・

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, , , , ,