男子ゴルフをつまらなくした戦犯は?

 

【ゴルフ日本シリーズJTカップ】

首位タイ発進の宮里優作(37)が1イーグル、6バーディーの62で回り、2位に6打差をつける通算15アンダーで今季4勝目をマーク。

最終戦で小平智(28)を逆転して、初めて賞金王に立った。

選手会長の賞金王は史上初とメディアは大騒ぎだが、その一方でギャラリー数は過去10年間で最も少なかった。

この日は好天にもかかわらず7514人と、最少だった13年大会の8065人(曇天・宮里優作優勝)を下回った。

4日間でも今年は1万6313人。

13年大会の1万8897人より少ない。

ちなみに藤田寛之が勝った10年大会がもっとも多く最終日1万7070人、4日間3万7485人だった。この年の藤田は賞金ランク2位につけてマスターズからも初めて招待された。

「中年の星」と呼ばれるなど、しぶといプレーがサラリーマンの共感を集めた。

 

あれから7年間で6割近くもギャラリーが減ったわけだ。

評論家の菅野徳雄氏が「男子プロに魅力がなくなったからでしょう」とこう指摘する。

 

「勝った宮里に“観客が減っているが、どうしてだと思う”と聞いたら、“う~ん、いろいろあります”と口を濁した。要するに問題点は分かっていても答えられないわけです。

昔は、この人なら応援したい、プレーを間近で見たいという華のあるプロがたくさんいたが、いまは見当たらない。歌舞伎と同じでいい役者が出なければ、金を払ってまでわざわざ会場に足を運びたいと思わないのは当然でしょう」

 

賞金レースをつまらなくした戦犯は小平と池田勇太(31)の2人だ。

もうひとり圏内につけていたC・キム(27)は大会2日目に棄権。

3日目が終わって小平は首位宮里と13打差の24位、池田は15打差の26位。

賞金レースも一気に冷え込んでしまった。それだけではない。小平の3日目のコメントも大問題だ。

 

「優作さんが優勝して賞金王を取るのが一番絵になる。ゴルフ界は盛り上がる」(小平)

 

大会前の小平はマスターズも賞金王も、と色気を見せていたが形勢が不利になるや白旗を揚げたのだ。

 

「賞金王争いのプレッシャーを宮里にかけられずに、独走を許した小平の責任は大きい。ゴルフは勝負事であり、調子もあるけれど、試合の真っ最中に最大のライバルを応援するなどもっての外です。プロなら口が裂けても言ってはいけない。大会に水を差し、勝負師として小平にはあきれるばかり。

ゴルフがお粗末なら、頭の中身も同じということがよくわかります。つまり男子プロはなれ合いで試合をやっているといえる。それではファンを引き付けることはできない」(評論家・宮崎紘一氏)

 

来年はメジャーの日本プロゴルフ選手権の冠スポンサーも決まっていない。

こんなゴルフを見せられると、男子大会からどんどんスポンサーがいなくなってしまう。

 

確かに魅力あふれるプロがいなくなってしまいましたね・・・

私もかつてはゴルフに凝っていてプロの試合も見に行きました。

ジャンボ尾崎の練習ラウンジでのドライバーショット・・・私のドライバーの2倍の高さの所に飛んでいってました!!

今や練習ラウンジで観客をうなされるのは松山選手くらいでしょうから・・・

 

最近はTVでも観ませんね、特徴のあるプロがいなくなってしまいました。

大相撲じゃないですが仲良しクラブじゃなく、ガチンコのプレイを見せて下さい。

 

 

 

-スポーツ, 話題
-,