ふなっしー「テレビから距離を置いた」発言も実際は「切られた」

 

今年、ご当地キャラとしてデビュー5周年を迎えたふなっしー。

現在、千葉県に本社を置く新京成電鉄でコラボレーションラッピング車両「ふなっしートレイン」が運行されるなど、地元ではふなっしーの“地上降臨5周年”を記念したイベントが行われている。

昨今、テレビで見かける機会がめっきり減り、ネット上では“ブームの終焉”を指摘する声も上がっているが、その実情は──。

 

11月19日深夜に放送された日本テレビ系「暇人ラヂオ」に出演したふなっしー。

レギュラー出演者の塚地武雅から「最近、テレビ出演を制限されているんですか?」と問われ、

「体力的につらいというのがあって」

「しばらくテレビ局の人をブロックしちゃった」

と回答。

 

さらに「自然とテレビから距離を置いて、『ちょうどいいな』と思った」と続け、現在のテレビなどの出演減は意図的なものであると明かした。

一時、連日テレビに出ずっぱりだったことを思えば、納得できる理由にも思えるが、制作側からは“異論”も。

 

「自分で仕事をセーブした以上に、テレビ側から『切られた』側面のほうが強いですね」

と語るのはテレビ関係者だ。

 

「ふなっしーは、ギャラがどんどん高騰して、どの局も使いづらくなっていた。“中の人”と局が金銭面で折り合いがつかなくなったというのが実情です」

 

現在、全国のゆるキャライベントに参加しているというふなっしー。

テレビ出演は減っても、梨キャラだけに、まだまだ“金のなる木”のようではあるが。

 

相当稼いだでしょうから・・・

まだまだイベントで稼げるか・・・

 

 



-話題
-