【衝撃事件の核心】20歳年上の人妻との不倫の末のラブホ殺人

 

「首を絞めて殺害した」。

 

女性を殺害したとして殺人容疑で逮捕された男は、容疑を素直に認め、淡々と取り調べに応じているという。

千葉県船橋市のラブホテルの一室で女性(51)の遺体が見つかった事件。

明らかになったのは、31歳の男が20歳年上の人妻との逢瀬に対する未練を断ち切れず、交際関係を精算できなかった末の悲劇が浮かび上がる。

 

別れ話 事件が発覚したのは11月19日。被害者は、隣接する市川市に住む女性(51)で、一緒にチェックインした男の存在が浮かび上がるまで、時間は掛らなかった。

殺人容疑で逮捕されたのは、女性の交際相手だった習志野市鷺沼の無職、安垣瑠威容疑者(31)だ。

 

事件の伏線はあった。

この事件の約2週間以上前の同月3日、安垣容疑者の自宅付近で近所の住人から、

「女性が叫んでいる声がする」と110番通報があった。

県警習志野署員かけつけると、安垣容疑者と女性が交際をめぐる別れ話で口論になっていたという。

 

署員は2人を説得。

すると2人とも、「縁を切る。もう会わない」と約束したという。

署員が女性の家族に説明した上で、駆けつけた家族に女性を引き渡し、この日の騒ぎは収まった。

 

事件は、それからわずか約2週間後。

2人は安垣容疑者の家から3キロ、女性の家からは約7キロの距離とちょうど間にあるホテルで再会し、安垣容疑者は凶行に及ぶことになる。

2人が会ってトラブルとなったのは、これが初めてではない。

9月1日には女性が、「別れ話で男と口論になった」と習志野署に相談していた。

 

関係の清算を迫ったのは、夫のいる女性の方だった。

安垣容疑者の自宅に署員が駆けつけ、「女性がもう会わないでほしいといっている」と伝え、このときは、同容疑者も警察官の説得に応じたらしい。

10月25日、習志野署員が女性に確認したところ、

「(安垣容疑者とは)一切関わっていない。わざわざすみません」

と謝意を示したという。

 

だが、安垣容疑者は未練を断ち切れなかった。

実際は二人は連絡をとっていた可能性が高く、悲劇へとつながっていく。

 

安垣容疑者と、女性が出会ったのは昨年秋。

最近よくあるようなSNSや共通の友人が紹介する飲み会ではなく、飲食店でたまたま居合わせて意気投合し、間もなく交際するようになったとみられる。

安垣容疑者と女性は、20歳も年齢が離れている。

安垣容疑者は独身だが、女性には夫がいた。

道ならぬ恋路のはずだが、交際はしばらく続いた。

 

互いの自宅周辺では、安垣容疑者、女性のいずれも、特に変わった話は聞こえてこない。

安垣容疑者が住んでいたのは、単身者向けの2階建ての賃貸アパート。

 

近所に住む70代の男性は

「住民の入れ替わりも激しいし、近所づきあいもないが不審な人はいなかった」

と証言する。

一方、女性が住むアパートの近所の住民も、

「普通の夫婦に見えた。トラブルは聞かない」(60代女性)

と明かす。

 

人知れず交際は続いたが、1年ぐらいで雲行きが怪しくなってきた。

今年9月以降は、別れをめぐってトラブルに発展。警察が間に入る事態になった。

しかし県警は、ストーカー規制法に抵触し、警告を発出するような事態はなかったとみている。

 

犯行後、ホテルから車で去った安垣容疑者は県内で確保された。

安垣容疑者がなぜ、20歳も年上の被害女性と不倫関係に陥り、追い続けたのか。

出会って約1年、被害女性が、安垣容疑者との関係の清算を切り出した転機は何か-今のところわかっていない。

 

ただ、別れ話をめぐるトラブルが続き、警察の仲介もあって関係を絶つと再三約束したのに、二人は再び会い、最悪の結末に至ってしまった。

 

20歳も年上だったんですね・・・

彼を異常に惹きつけた物は何だったんでしょうか・・・

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,