藤田紀子、白鵬の言動に「自分が天下とったような」

 

貴乃花親方の母でタレントの藤田紀子(70)が、横綱白鵬の言動について「『自分が天下をとっちゃった』というような態度に見える」と指摘した。

 

藤田は1日放送のテレビ朝日系「ワイド!スクランブル」に出演。

 

日馬富士の暴行事件をめぐる白鵬の一連の言動について

「皆さん『最近、白鵬関がちょっと変わってきた』っておっしゃるんですけど、私は若い時からとてもこの方の言動に注目しておりました」

と、以前から問題視してきたことを明かし、

「32回目の優勝の後ぐらいから、『自分が天下をとっちゃった』『協会を牛耳ってやろう』というような態度に見えます」

と私見を述べた。

 

「(優勝)回数を増やせば自分はそういう立場にいられるんだという、なんだか勘違いを起こしている気がする」

と藤田。

自身は横綱に育て上げた2人の息子に対し

「トップになればなるほど『実るほど頭を垂れる稲穂かな』この言葉を常に頭に置いて、皆さんより腰を低く生活することが1番大事」

と言い聞かせてきたと語った。

 

確かに・・・白鵬の態度にはあきらかに自分が相撲人気を担ってるという態度がありありとみられますね。

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,