貴乃花親方“陰謀”次なる標的は白鵬

 

日馬富士(33)の貴ノ岩(27)に対する暴行事件は「横綱の引退」という新たな局面を迎えた。

相撲協会の危機管理委員会は再三、被害者である貴ノ岩の事情聴取を要求しているが、師匠である貴乃花親方(45)がストップをかけて一向に応じる気配がない。

 

協会員でありながら協会への報告義務を怠ったばかりか、協会の調査も拒否。

事実関係の解明が遅々として進まない大きな原因が貴乃花親方にあるのは明らかだが、貴ノ岩が口をつぐんでいる間に臆測が臆測を呼んで騒動は大きくなり、日馬富士は引退に追い込まれた。

 

そんな中、相変わらず沈黙を守っている貴乃花親方の胸中を何者かが代弁するかのような報道があった。

30日発売の週刊新潮と週刊文春がそれ。週刊新潮は「『貴乃花』停戦条件は『モンゴル互助会』殲滅」「『白鵬』灰色の『十番勝負』を検証した」、週刊文春は「貴乃花が激怒した白鵬の『暗黒面』」の見出しで報じた。

 

くしくも共通しているのは「貴乃花」と「白鵬」の単語。

週刊新潮が文中に「八百長」の文字をちりばめた以外、記事の具体的な中身は割愛するとして、貴乃花親方の怒りが弟子の貴ノ岩を殴った日馬富士ではなく、白鵬に向いている点で共通している。

 

貴乃花親方は先の九州場所の千秋楽後、打ち上げのパーティーで「正当に裁きをしなければならない」と言った。

いまだに多くを語らないのも、民事訴訟を検討しているらしいことも「正当な裁き」のためだとすれば、矛先はあくまで弟子を傷つけた日馬富士に向かうはず。

にもかかわらず、怒りの対象が白鵬なのはそもそも矛盾しているし、そこには何らかの作為があるとしか思えないのだ。

 

■日馬富士暴行は僥倖のようなもの

「貴乃花親方の狙いは現執行部を吹き飛ばし、自分が理事長の座に就くこと。現執行部にとって最も大きなダメージは先場所で優勝、40回の最多優勝記録を更新中の最強横綱・白鵬のスキャンダルですからね」

と、さる親方がこう続ける。

 

「最初で最後と言いながら臨んだ前回の理事長選は大差で八角理事長に敗れ、来年3月の次期理事長選も仮に立候補したところで完敗するのは火を見るより明らか。協会内の勢力図を一気に塗り替えるためには日馬富士の引退くらいでは、とてもじゃないが不可能という判断が働いたのではないか。

要するに貴乃花親方は日馬富士の暴行事件をとっかかりにして、何とかして白鵬のスキャンダルまでもっていきたい。しかも、かなり大きな、執行部が吹き飛ぶくらいの醜聞が必要なのです」

 

本来ならこの事件の加害者である日馬富士を徹底的に糾弾してしかるべきなのに、日馬富士が引退する以前から矛先は白鵬に向けられていたことになる。

 

「貴乃花親方は日ごろから、前回の理事長選で貴乃花親方を支持した山響親方(47)らと国技館の一室に集まり、密談をしているといいます。

広告代理店関係者からの裏金をフトコロに入れるなどして昨年1月、協会をクビになり、地位保全の裁判を起こして係争中の前顧問が山響部屋を訪れたという情報もある。彼らは普段から協会転覆を企てているフシがあった」

とは別の親方だ。

 

つまり協会内部のクーデターをもくろむ貴乃花親方にとって、日馬富士の暴行事件は降って湧いた僥倖のようなもの。

形勢逆転のまたとないチャンスとばかりに、利用しているのではないか。

週刊新潮や週刊文春で貴乃花親方を支持、その胸中を代弁している親しい関係者のコメントからは、そんな意図が見え隠れするのだ。

 

貴ノ岩に暴力を振るった日馬富士は言語道断だが、殴った方も殴られた方も、まさか陰謀のダシに使われるとは思わなかったに違いない。

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , , ,