新天地「未定」の村田が敬遠される理由

 


納会ゴルフでハッスルした村田

 

巨人から戦力外通告を受け、新天地で現役続行を目指す村田修一内野手(36)に、いまだオファーは届いていない。自力ではいかんともしがたい、“敬遠される理由”がある。

 

「やっぱり観客がいないとダメだな」

24日に神奈川県内で行われた球団の納会ゴルフ。

報道陣が取材可能な最終18番ホールで多くの視線が注がれる中、約12メートルのロングパットを見事に沈め、村田は満足そうにうなずいた。

これがこの日、最初で最後のバーディーだった。

 

注目され、期待される中でこそ真価を発揮する男。

それゆえに、初めて所属なしで迎えるこのオフは「

トレーニングもちょっとずつしているが、次が決まらないと気持ちも体も動いてこない。なかなか難しい」

と苦しい胸の内を明かす。

 

チームの若返りのため功労者を切った鹿取GMは「せめてもの誠意」として、補償が発生するFAよりも手頃な条件が提示しやすい自由契約にすることで、他球団から声がかかるよう配慮した。

ところが6週間たった今も、村田を獲得しようという動きは皆無だ。

 



この不人気ぶりは球団フロントも誤算だったようで、「本当にどこからも声がかかっていないのか」と逆取材される報道陣が後を絶たない。

外様で球団初の選手会長を任されるほど信望を集めた選手だけに、退団としたら後は関知せずというわけにもいかないのだ。

 

一方で他球団コーチからは、そうした存在感こそが敬遠される要因との見方も。

「セ・リーグの監督はここ数年で一気に若返った。村田のような親分肌のベテランを手なずけるのは、親子くらい年が離れた老練な監督でないと難しい」

リーダーが2人いてベンチが分断される懸念だ。

 

巨人・高橋監督をはじめ4人が40歳代。

再登板のヤクルト・小川新監督は60歳だが、近い将来に47歳の宮本新ヘッドコーチへの禅譲が視野に入る。

63歳の中日・森監督が唯一の希望か。

パ・リーグでは最も戦力不足なロッテの井口新監督が42歳。

確かに厳しい年齢構成だが、クセのある豪傑を使いこなしてこそ名将だろう。

手をさしのべる球団は出てくるのか。

 

このままではあまりにもったいないです。

 

 

-スポーツ, 話題
-,