男4人逮捕 集団痴漢“パワープレー”の卑劣

 

電車内で女性を痴漢したとして、警視庁板橋署は27日、強制わいせつ容疑で男4人を逮捕した。

逮捕容疑は7月19日午後7時すぎ、JR埼京線の池袋―板橋間で、都内の20代女性会社員の下着などに手を突っ込むなど、わいせつな行為をした疑い。

4人は共謀して痴漢する“パワープレー”で女性を追い詰め、やりたい放題だったというから恐ろしい。

 

容疑者の男たちは東京都豊島区池袋の職業不詳(34)、同大田区池上の会社員(49)、同荒川区西日暮里の職業不詳(43)、横浜市都筑区の会社員(35)。駅のホームで乗客整備をしていたアルバイト男性(19)の通報により逮捕された。

おおむね容疑を認めているという。

4人は初対面ながら、ネットの掲示板の情報を見て集まった痴漢常習犯とみられる。

犯行が行われたラッシュ時の先頭車両は、知る人ぞ知る有数の痴漢多発スポット。

防犯カメラの設置や鉄道警察が目を光らせるが、ほとんど抑止力になっていない。

 

犯罪事情通は

「ネットの掲示板で痴漢の日時と場所を決め、ホームに集合。電車待ちの女性を物色しながら、標的を決めると、みんなでそれとなく囲む。車両が到着すると、集団の力で車内の壁際に一気にグイグイと押し込んで、完全に取り囲むパワープレー。あとは好き放題。個人より集団のほうが痴漢をしやすい」

と説明する。

仕事の行き帰りのラッシュ帯が特に狙われやすい。

女性は痴漢から逃げようにも人の圧力で体の向きすら変えられない。

 

「集団痴漢に使用される掲示板はたくさんあるけど、多くは『A』か『N』だ」(同)。

今回の犯行も、この大手サイトが使われたのだろうか。

 

電車痴漢には別のタイプもある。

女性側から「痴漢して」と要請するものだ。

掲示板に日時、場所、服装を指定して「触ってください(指入れまで)」などと書き込む。

 

「確実なのは特急や新幹線の指定席。痴漢男性のために隣り合わせの2席を買っておく用意周到な痴女も、まれにいる」(前同)

 

こんなスキモノに痴漢が群がるのは、ある意味、仕方ないかもしれないが…。

 

「全く関係ない女性になりすまして痴漢をお願いする嫌がらせの書き込みもあります。そうなると、女性の体を触れば犯罪です」(ネットに詳しい人物)

そもそも痴漢は犯罪行為だが、なくなりそうにない。

 

前出の事情通は

「JR東日本は埼京線の先頭と最後尾の車両に『痴漢多発』と大きく書くべき。これは、もう常識として女性客に教えるべき。知らない女性が多すぎる」

と指摘する。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,