佐藤琢磨の7年不倫 妻側の認識

 

アジア人初のインディ500王者・佐藤琢磨(40)とフリーアナウンサー・内藤聡子(43)が、不倫関係にあった。

9月末には、妻と2人の子供が住む自宅に帰った琢磨の元に、警察官が集まる物騒な事態も。

琢磨本人が明かす、内藤、そして家族との今後は――。

***

11月12日、三重県の鈴鹿サーキットで行われたイベント終了後、琢磨を直撃したが、「答えられない」の一点張り。

だが翌日、本誌(「週刊新潮」)がつかんだ“証拠”を示すと観念し、場所をあらためて語るという約束を得た。

 

「(記事を)出してほしくないですが、避けられない道だとすれば、事実を知ってほしいという思いです」

琢磨はそう言い、内藤との不倫関係を、

「事実だと認めます」

として、こう語った。

 

「10年秋、ラジオ番組で一緒になって盛り上がり、僕のレースを番組で応援に行くということにもなって仲良くなった。(不倫関係になったのは)それから数カ月後ですかね。

話していて居心地がよくて。僕は10年から北米でシーズンを始めて単身赴任し、レースという極限の世界に身を置いている関係で、自分が安心できるところを求めてしまう弱さがあって、それがずっと続いているということです。下積み時代から僕を支え、2人の子供を見ていてくれた妻には感謝しているし、家族に迷惑をかけているという思いは常にあります」

 

別居を既成事実化?

その妻は、琢磨の不倫をどう認識しているのか。

「内藤さんのことは12年夏ごろに知られて、その時期に離婚に向けての話をしたのも事実です。ただ、正直な話、非常に悩んでいます。僕のレースを内藤さんが支えてくれた部分は確実にありますが、一方で、子供への思いも大きい。

妻とはうまく行っていないのも、10年からは一緒に住んでいないのも事実ですが、子供はレースをするうえでの支えでもある。僕としては一刻も早く解決し、それぞれが歩んでいく人生をサポートしていきたい。そういう話は実際、代理人を通して進めています」

 

だが、妻の知人に聞くと、少しニュアンスが異なる。

「琢磨さんは不倫しながらも、6月まではよく帰宅していたのに、夏から急に帰らなくなり、“別居しているよね”と、別居を既成事実化する発言が増えたとか。彼女は不安なようです」

 



離婚問題に詳しい弁護士の長瀬佑志氏によると、

「離婚する際、夫婦が婚姻期間に稼いだ財産は分与の対象ですが、別居期間中に築いたものは原則、対象から外れる。そこで財産分与の額を減らしたい側が、早い段階で別居状態だったと主張することもあります」

インディ王者たるものが、そんなセコイことを考えるわけもなかろうが、ともかく、琢磨の話を続ける。

「内藤さんも、こういう状態が続くのは本意ではないんです。彼女の結婚願望も感じないわけじゃない。ただ、アメリカでは僕は身体のケアも含めて集中したいので、妻と話せるのは冬の一時期しかなくて、何年も経ってしまった。早く決着をつけるのが筋だったというのは、その通りです」

 

警察の監視下で荷物を

ついでに、警察官が続々と現れた、あの騒動についても聞いておこう。

「あの日は長男の運動会で、さらに長女の誕生日で、お祝いはしたかったんですが、僕が歓迎されていない状況だから、そのまま帰ろうと思ったんです。

でも、どうしても荷物の運び出しが必要で、家に入って荷物の整理をしていたら、そこに義理の父が来て、何しているんだと。代理人の許可なく家に入ったということで義父と言い合いになって、結局、警察の監視下で荷物を運び出させてもらったということです」

 

そこまでするとは、義父はよほど憤慨しているらしい。

とまれ、動かぬ証拠を突きつけられながら、しらを切り通す政治家よりは、潔いともいえよう。

 

一方、琢磨の妻は、

「主人から何の連絡もないので、いまは話せません」

と言うだけだが、その心中やいかばかりだろうか。

 

なにしろ、琢磨はこう自覚しているのである。

「子供がなにも知らないわけはないですよね。今までは家に帰っていたオフにも帰って来ないのだから、子供たちは非常に不安定になっていると思うんです」

成長期の子供の心が安定を失うと知りながら、自分が「安心」や「支え」を得るためにコースアウトも辞さない琢磨。

 

“観客”が負う傷の深さに、どこまで責任を持てるのだろうか。

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,