【女子卓球】また新星が・・・オリンピック選考はどうなる?

 

卓球のITTFチャレンジ、スペインオープン(アルメリア)は26日、女子シングルス決勝で世界ランク14位の早田ひな(日本生命)がチョン・ジヒをフルゲームの末に4-3で下して大会制覇。

今季初となるシングルス優勝を果たした。

国際卓球連盟(ITTF)は

「ドラマティックな決勝、ヒナ・ハヤタがチョン・ジヒを打ち破りスペイン杯のタイトルを勝ち獲る」

と報じた。

今季、ダブルスではすでに3度の優勝を果たしていたが、“思い出の地”でシングルスでの歓喜の瞬間が訪れた。
早田は第1ゲームを5-11で落としたが、次のゲームで11-2と取り返す。

その後は一進一退の展開。

それでも、最終第7ゲームを13-11とモノにし、世界ランク15位のチョン・ジヒを4-3で破って優勝した。
フルゲームに及ぶ死闘を制した17歳の勝利を、ITTFも公式サイトで報じている。
記事では

「ドラマティックな決勝、ヒナ・ハヤタがチョン・ジヒを打ち破りスペイン杯のタイトルを勝ち獲る」

と見出しを打ち、“熱戦”を特集。第1ゲームを奪われた試合展開を伝えた上で、

「最初こそ落としたものの、自信を注入したことで、疑う余地なく回復のボーナスはヒナに傾いた」

と記し、

「2年前に優勝したチョン・ジヒは、日本からやってきたもう1人の使者、ヒナ・ハヤタに打ち負かされることになった」

と伝えた。
優勝後には早田のツイッターが更新され、「母」と記してお母さん名義で投稿。

「スペインオープンのシングルスで優勝する事が出来ました。皆さま応援有難うございました」

と感謝するとともに、

「スペインはひなが2014年に初めて参加した大会です。優勝出来るまでに成長した事を本当に嬉しく思います」

と“思い出の地”での優勝に、我が子の成長を感じたことをつづった。
目覚ましい成長を続ける17歳。

卓球界の星として、さらなる飛躍が楽しみだ。

 

東京オリンピック代表はどうなる・・・?

 

世界ランク4位

左シェーク・オールラウンド型。2016年現在全日本選手権女子シングルス4度の優勝。

ラバーは裏裏で、フォアハンド、サーブを得意とする。 バックはこれまで課題だったが、2007年1月の全日本ではバックでもかなり実力が上がっている事を証明した。予測能力も高く、状況に柔軟に対応できる。
デビュー時に「愛ちゃん2世」とマスコミで取り沙汰されたが、そのプレースタイルは異なる。尊敬する選手は王楠、目標とする選手は郭躍で、どちらも左利きの中国人。
日本代表監督:近藤欽司は、北京オリンピック前には「オリンピック代表候補の選考に入る一人」と語っていた。また、西村卓二(元日本代表監督)は、「福原と同じく日本の宝」とその才能を賞賛している。

 

世界ランク5位

2016年度全日本選手権 女子シングルス準優勝
2016年度ポーランドオープン 女子シングルス優勝

 

世界ランク6位

バック面表ソフトを活用したピッチの早い前陣速攻タイプ。

nittaku契約選手

 

そして

オリンピック代表枠は3人です。

ポイントランキング上位3名が選ばれます。

このままでは早田ひな選手は選ばれません、ダブルスでは特に力を発揮する早田選手・・・

ポイントを上げていくしかありません。

 

 

-いい話, スポーツ
-, ,