貴乃花親方「7年前の貴闘力解雇処分」を盾に徹底抗戦

 

相撲協会は真っ二つに分断された。

「日馬富士暴行事件」に端を発した対立で、八角理事長(元横綱・北勝海)と貴乃花親方の関係は修復不能となり、もはやどちらかが相手陣営を「崩壊」させる決着以外、あり得なくなった。

 

機先を制したものの逆に強烈な張り手で一気に劣勢に追い込まれたかに見える貴乃花親方は堅く口を閉ざしたままで、八角理事長からの事件についての調査協力要請に対しても拒否を貫いた。

この間、貴乃花親方の数少ない肉声を耳にしていた親交のある後援者の一人は、その心中をこう代弁してみせた。

 

「最初から矛を収める気はありませんよ。親方は騒動が表沙汰になった後に、『貴ノ岩のケガ自体は大したことはないが、(暴行は)間違いなく重大な問題。被害届を出したのは警察に調べてもらうためで、本場所が終わってから公表する予定だった』と説明していた。“先に協会に報告したら揉み消される”と考えていたのだと思う。

それからというもの『警察の捜査が進んでいるから』と口を噤んでいるのは、弁護士のアドバイスに従ってのこと。貴ノ岩への暴行については民事訴訟などの法的手段を取ることも考えている。現役時代の貴乃花親方の相撲に心酔して入門した貴ノ岩は、引退覚悟で親方についていくつもりだ」

 

そして、貴乃花親方が反撃に打って出るのは、「日馬富士の処分内容が決まったタイミングになる」と語るのは、別の後援者だ。

 

「日馬富士に引退勧告せず、2~3場所の出場停止処分で済まそうとする可能性は十分にある。そうなれば、貴乃花親方と(日馬富士の師匠の)伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)との恩讐(*)に加え、“あの仕打ち”まで絡んでくることになるから、さらに因縁深い話になってくる」

【*昨年2月の理事選では協力関係にあった両親方だが、同3月の理事長選を境に伊勢ヶ濱親方が執行部サイドに接近し、関係が悪化したと見られている】

 

ここでいう“あの仕打ち”とは、2010年5月に数十名の力士や親方の関与が発覚した野球賭博事件に際しての処分を指す。

この時は貴乃花親方と盟友関係にあった大嶽親方(当時、元関脇・貴闘力)が、事件に関与したとして協会から解雇処分を受けた。

 

「9人の力士が起訴されるなか、貴闘力は物証が乏しいとして不起訴(嫌疑不十分)になりましたが、賭け金が大きかったという理由で協会からは真っ先に解雇された。

この時、貴乃花親方は臨時理事会で辞職願まで出して処分に抗議したが、受理されなかった経緯がある。貴乃花親方が一門を割って出馬した『貴の乱』(2010年2月)の直後だったこともあって、“貴グループ潰し”の報復と受け止めていた。

自分に近い者ばかり厳正に処分され、自分の弟子に暴行した横綱は引退処分にもならないのでは親方も納得いくはずがない。7年前の大嶽親方処分との矛盾を挙げて、協会を厳しく追及し、徹底抗戦する覚悟でいる」(同前)

 

ベテラン記者はこういう。

 

「加えて、現在の貴乃花のブレーンとみられているのが北の湖・前理事長(故人)の時代に顧問として相撲協会の事務を取り仕切ってきた人物だ。この元顧問は、八角体制になってから協会を追い出され、不当解雇だとして協会と裁判で争っている最中だ。

現在の執行部と対立する元顧問からすれば、復権するには貴乃花理事長体制を誕生させるしかなく、これが最後のチャンスとみているはずだ。もともと、協会の会計なども管理していた人物だから、どんな“金銭スキャンダル爆弾”が飛び出してもおかしくない」

 

いろんな因縁があるんですね。

貴闘力と長州力・・・顔はにてますが別人です。

似てますね・・・

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,