毎日の面倒な歯磨きをわずか3秒で完了?

2017/12/11

 

毎日の歯磨きは虫歯や歯周病を防ぐために欠かせない習慣ですが、朝の忙しい時間帯や就寝前の眠いときに歯磨きを行うのは面倒なもの。

歯科医は起床後、食後、就寝前の歯磨きが必要だとしており、しかも1回の歯磨きは少なくとも3分以上するべきだと主張しているため、実際にこれらの言いつけを守って生活した場合、私たちは人生で時間にして100日以上も歯磨きすることになります。

 

そんな気の遠くなるような歯磨きの習慣を、1回あたり約3秒で完了させてしまう新しい歯ブラシが「Unico smartbrush」です。

 

 

「『もしも歯磨きをたった3秒で完璧に行えたら』と考えたことはありますか?」

……と、投げかけられた問いに答える形で登場したのが、これまでの習慣を全く新しく変えてしまう「Unico smartbrush」です。

歯磨きが終わったらケースに戻せばOK。

口はさっとゆすぐだけ。「Unico smartbrush」ならばたったこれだけのステップで歯磨きが完了します。

 

「Unico smartbrush」は、歯ブラシ部分のマウスユニット、マウスユニットを駆動させるパワーユニット、収納するドックと消毒を行うUVラックから構成されています。

マウスユニットはモーターとゴム製のベルトで構成されており、ベルトにつけられたブラシが歯全体を回転するようにブラッシングします。

回転するようにブラッシングする歯磨き方法は「バス法」という歯科医も推奨する方法であり、バス法を採用したことによって歯の表面と歯間を効果的に磨けるとのこと。

不完全な人間の操作による歯磨きではないため、歯磨きの結果にムラが出ることもありません。

 

歯磨きをした後はつい歯ブラシを水ですすいでしまいますが、実は密閉容器にしまう以前に水ですすいでしまうと、雑菌やカビの繁殖を促してしまうため衛生上の危険が存在します。

「Unico smartbrush」は衛生上の問題を解決するために専用のUVラックを開発し、紫外線照射によって使用するたびにブラシを殺菌します。

 

そんな「Unico smartbrush」はクラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募集中。

目標金額として7万5000ユーロ(約990万円)が掲げられていたところ、記事作成時点で既にその7倍の53万8000ユーロ(約7000万円)以上が集まっており、製品化はほぼ確実です。

 

「Unico smartbrush」をゲットしたい場合は119ユーロ(約1万5700円)の出資でパワーユニット1つ、マウスユニット2つ、ドック&UVラック1つ、歯磨き粉ボトル1つのセットをゲット可能で、数量限定の早期出資だと99ユーロ(約1万3000円)で入手可能。

この枠は記事執筆時点で1900個ほど残っていました。

また、家族向けとして159ユーロ(約2万1000円)の出資でパワーユニット1つ、マウスユニット2つ、ドック&UVラック1つと予備のブラシが4つ、予備の歯磨きボトルが2つゲット可能で、こちらは数量限定の早期出資だと139ユーロ(約1万8000円)で入手可能。

 

この枠は記事執筆時点で360個ほど残っていました。発送は2018年2月頃が予定されています。

日本への発送には別途25ユーロ(約3300円)が必要です。なお、「Unico smartbrush」への出資期限は日本時間で2017年12月10日5時29分です。

 

試してみますか?

 

 

-いい話, 話題
-, ,