白鵬に「ダメ出し」のアナに賛辞

 

大相撲九州場所11日目が22日、福岡国際センターで行われ、横綱・白鵬が嘉風に敗れて初黒星。

初日からの連勝は10でストップした。

立ち合いから一気に土俵際に押し込まれ、寄り切りで敗戦。

取組後には”待った”をかけていたと土俵下で手を挙げ、自ら”物言い”をつけようとするも、軍配は変わらず。

白鵬は納得がいかない表情で、嘉風が勝ち名乗りを受けようとするも土俵に戻らず、場内が騒然とする場面もあった。

このシーンに、NHKの藤井康生アナウンサー(60)は

「白鵬が手を挙げてアピールしていますが、これはもう成立しています。白鵬戻らない。これはダメです。もう勝負は成立して…。こんなシーンは見たことがありません」

と冷静な語り口ながら厳しく実況。

「これはいけません。こんなことはあってはならないことです」

と続け、白鵬がようやく土俵に戻ると改めて

「気持ちは分からないではないですが、この姿はもう…大横綱いけません」

と前人未到の40度目優勝を目指す横綱に”ダメ出し”した。

NHK入局後、大相撲を中心にスポーツ実況を長年務めてきたベテランアナならではの指摘。

 

ツイッター上では

「これが藤井アナのみなせる技」

「毅然としていたのは、藤井アナだけだった」

「今日の実況が藤井アナでよかった」な

ど賛辞が相次いだ。

 

 

横綱の「品格」が問われる最中に起きた、前代未聞の行為だった。

嘉風に吹っ飛ばされて落ちた土俵下。起き上がった白鵬は右手を挙げた。

「納得いかないというのはないけど、呼吸が合わなかった。手を突いたけど呼吸が合わなかった」。

立ち合い不成立を訴えたが決着はついている。



客席が騒然とする中、ぼう然と立ち尽くしたが、式秀審判員(元幕内・北桜)に「上がってください」と促され、土俵に上がった。

 

わずか2秒9の相撲とは対照的に、土俵下にとどまったのは62秒。

1分を超える猛抗議を終えて土俵に立つと、今度は首をひねって右手を広げた。

横綱による異例の行動で館内はヒートアップ。

「一回でも(映像を)見てもらいたかった」。審判にビデオの確認を求めたが、相手にされず不服の顔で20秒ほど仁王立ち。

弓取り式の直前になって土俵を下りると、口を真一文字にして何度も首を振り、花道で待つ付け人にタオルを投げつけた。

 

先に仕掛けた。

左で張って踏み込んだが、立ち遅れた嘉風にまわしを取られた。

相手の背に回る右手で待ったを主張したが、隙を突かれて一気に寄られた。

「嘉風関も力抜いていたし、こっちも抜いた」と白鵬。

だが、山科審判長は「スパンと(嘉風に)入られて“あっ”と思ったのでは」と切り捨てた。

力を抜いたことに八角理事長(元横綱・北勝海)も「自分で判断しちゃダメだよ」と話した。

 

中継したNHKのアナウンサーは「こんなことはあってはならないこと」と思わず実況した。

式秀審判員も

「物言いは審判か控え力士しかつけられない。大横綱だからといって、それはない。相撲は礼に始まり、礼に終わるものだ」と苦言。

求められるのは「技量」だけではない。

山科審判長は「手本になる人がねえ」とあきれ顔だった。

 

日馬富士の件で「皆様にいい相撲を・・・」と言ってましたが・・・

 

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,