松本死刑囚の四女 麻原彰晃死刑囚を相続人から除外

 

オウム真理教元代表の松本智津夫死刑囚(62)の四女(28)が21日、都内で記者会見した。

四女はこれまで個別の取材に応じたり、本を出版したりしたことはあるが、記者会見をするのは初めてだという。

 

四女は松本死刑囚とその妻(59)によって、教団の教義を教え込まれ、虐待を受けたとして、松本死刑囚ら両親を相続人から除外するよう訴えを起こした。

両親との関係を解消したいという思いからだという。

横浜家裁が今年10月、除外を認め、これを機会に今回限りという思いで会見を決めたという。

会見で、いまも後継団体に若い信者がいることについて問われると、四女は

「教団が言っていることをうのみにせず、自分で考えてほしい」

と投げかけた。

 

また、会見に同席した四女の代理人の滝本太郎弁護士は、手続きの過程でわかった松本死刑囚の近況を明らかにした。

9月に東京拘置所で開かれた審問に松本死刑囚は出頭しなかったが、拘置所からは

「聴力は保たれ、明らかな精神的障害は生じていないと診断されている」

と説明があったという。

運動や入浴などで居室を出ることには抵抗しないが、審問の日はかたくなに拒否したという。

 

四女を巡っては、2007年3月にジャーナリストの江川紹子さん(59)が後見人となったが、同年7月に四女が家出して音信不通になり、後見人を辞退した。

 

この日の会見に出席した江川さんに対し、四女は

「ご迷惑をおかけした。当時はまだ洗脳が解けていなかった」

と謝罪した。

 

江川さんは

「本当に教団と関係が切れたのかは分からないが、一人で生きていくという決断を聞いてほっとした。できるだけ普通の人生を送れるといい」

と話した。

 

□生い立ち

私は、オウム真理教教祖麻原こと松本智津夫死刑囚の四女です。

2006年1月より家族のもとを離れ、07年秋ごろ、信仰とも完全に決別し、それからは社会で生きてきました。

前提として理解して頂きたいのは、私が家族とも教団とも離れて生活しているということです。

事件が起きて、両親はじめ教団の幹部や信者が逮捕されたのは私が5~6歳のときでした。

私は2、3歳の時から、窓のない、倉庫のような一人部屋で生活していました。

弟が生まれると、母の部屋に行っても「ここにはもう、あなたの居場所はない」と追い出されたのです。

父親のことを、私は今も昔もほとんど父親だと思えません。

私が生まれたとき、父親はすでに教祖であり、グル(宗教的な指導者の意味)でした。

 

 □父と私

私は一度も直接「お父さん」と呼んだことはありません。

最初から「尊師」でした。

周りがそう呼んでいましたし、父自身もそう自称していました。

(割れた皿の)破片入りのオムレツを食べさせられたり、真冬に薄着で外に何時間も立たされたりするなど、何度か父の命令で死にそうになったこともあります。

教団内部で亡くなった信者の中には、私の顔見知りの人も当然いました。

普通の社会でも、身近な人の死は体験するものですが、世間と違うのは、葬式などの別れの儀式がないことです。悲しみを自分の中にしまうしかありませんでした。

 

 □事件後の暮らし

両親が逮捕されてからも、お付きの信者によって普通とは違う暮らしをさせられました。

8~10歳までは、ヘッドギアを24時間かぶらされ、食事が毎日、卵のおかゆだけだったときもあります。

身長が伸びなくなり、肋骨(ろっこつ)の内側に指が入るほど痩せたこともありました。

テレビは完全に禁止でした。

父のビデオテープが24時間流されていました。

11歳のとき、児童相談所の指導が入り、一日30分だけテレビが許されたことがありますが、初めてドラえもんやポケモンを弟たちと見ました。しかし、またすぐ禁止されました。

熱湯風呂にも7歳のころから入らされました。

年齢が上がるにつれ、高温、長時間になります。

約45度のお湯に15分入れられ、意識がなくなったことがありました。

今考えると、現代の日本とは思えない環境でした。逆らったら殺される恐怖があったので、16年間、戦場にいるような緊張がありました。

 

 □両親の相続人排除を求めた理由

今回、(相続人の排除を求めた)相手方は私の両親でしたが、審判によって教団内の生育環境の異常さも客観的に認められました。

教祖の子どもでさえ、悪い環境で育ったのです。

他の信者のお子さんたちも、本当につらい環境だったことでしょう。オウムの後継団体で育つ子どもたちがいなくなることを強く望みます。

今の日本には親との縁をなくす制度がありません。

現行法においてできることはしましたが、普通に生きていくには障害が残っています。戸籍で家族とつながっていることと、親の名前の記載があることです。

 

結婚や出産などはできません。

気持ちの問題もありますが、現実問題でもあります。

著しく問題がある親との縁を、子どもが切れる制度があった方がいいと私は思います。

具体的には、戸籍を無くすことや、親の名前を空欄にできることなどです。

 

このたび、教祖の著しい虐待が認められたわけですが、教祖は教団で慈愛を説いていました。

自分の子どもも慈しめない人が、すべての人への慈愛など持てるわけがないとは思いませんか。

幹部や信者にも同様に問いたいです。自分の家族や友人、知人など、周りの人を悲しませたり、迷惑をかけたりしている人のどこが救済なのですか。

被害者の方や地域住民に不快な思いをさせて、勧誘の時もだましたりして、慈悲や利他という言葉からはほど遠いものとは思いませんか。

 

 □被害者への思い

最後になりましたが、父が首謀した一連のオウム事件の被害者の方やご遺族の方に、常に心より申し訳なく思っております。

オウムの後継団体には、一連のオウム事件の被害者の方やご遺族の方に誠意をもって謝罪と賠償をしてもらいたいです。

それに、被害者の方や社会の不安をなくすために、早く解散してほしいと思います。

 

私が生まれる前からオウムという存在と戦ってこられた方々に、心より敬意を表します。

私が教団を離れる覚悟を決めて、特殊な生い立ちや立場でも生きてこられたのは、そうした方々のおかげです。

家族が頼りなかった分、社会の色々な方々にお世話になり、支えられて生きてきました。心より御礼申し上げます。

 

 

麻原彰晃|四女


1989年生まれ

ホーリネームなし

オウム真理教の影響から学校にはいけずなんとか協力者から通えるよになったものの、いじめられ校長からは

「麻原の所行を考慮すれば貴方は死んでも仕方のない人間だ」

と発言されています。

オウムや家族とらは絶縁状態で日々の暮らしはネットカフェや外で野宿するようなホームレス生活を送っていたもようです。

名前は公開されておりませんが2010年には松本聡香と言う名義で著書

「私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか」

を出版

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,