みまひな、世界1&2位撃破V “番狂わせ”を国際連盟称賛

 

卓球のワールドツアー、スウェーデン・オープン(ストックホルム)は19日、女子ダブルス決勝で世界選手権銅メダルの伊藤美誠(スターツSC)、早田ひな(日本生命)組が世界選手権銀メダルの陳夢、朱雨玲組(中国)を3-1で下して優勝。

8月のチェコ・オープンに続き、結成9か月でワールドツアー2勝目を挙げた。

 

国際卓球連盟(ITTF)は「アジア王者を打ち負かし、オッズをひっくり返した」と称賛している。

「みまひな」が、また快挙だ。

伊藤、早田組は第1ゲームを11-8で先取。第2ゲームこそ1-11で落としたが、第3ゲームから11-9、11-9で連取。

世界ランク1、2位の最強中国ペアを3-1で破ってみせた。
結成わずか9か月でワールドツアー2勝目。

成長著しい女子高生ペアにITTFも公式サイトで称賛している。
記事の見出しでは

「ヒナ・ハヤタとミマ・イトウが金メダル筆頭のアジア王者を打ち負かし、オッズをひっくり返した」

と記し、“番狂わせ”を特集。

1ゲームは落としながらも、格上相手に粘り勝った試合展開を伝えた上で


【もしもアフィリエイト】ってなに?


「ともに力強く支え合い、お互いに前進するため背中を押すのがハヤタとイトウのペアだ」

と2人のコンビネーションに賛辞を送った。

伊藤は優勝後、自身のツイッターで

「みなさん夜遅くまで応援ありがとうございました 今年最後のツアーは笑顔で終われました」

と報告し、喜びを語っていた。

 

東京五輪でも期待がされる卓球界の星。

さらなる飛躍が楽しみだ。

 

卓球界はどんどん新しい選手が出てきて楽しみですね。

 

 

-いい話, スポーツ
-, , ,