イチローのマリナーズ復帰はあるのか?

 

もし、任天堂の故山内溥相談役がご存命であったなら、今回、フリーエージェント(FA)になったイチローをマリナーズに呼び戻そうとするのか、あるいは動かず見守るのか。

実はかつて、山内氏をよく知る方に伺ったことがある。

2015年2月、京都。

取材で立ち寄った際に、その方を含めた3人で先斗町の入り組んだ路地の一角にある小料理屋に入った。

「今日のおすすめは・・・・・と・・・・です」

カウンターだけの小さな店。

メニューはなく、新規のお客さんが来るたび、大将が声を張り上げる。1時間もいると、諳んじられるようになった。

お酒が入り、食事が進むにつれ、話はその少し前にマーリンズと契約したイチローの話となる。

チラホラと噂は出たが、契約に至ったのは1月終わり。

当時、任天堂はまだマリナーズの筆頭オーナーであり、球団に契約を迫ればなんとでもなったはず。

ただ、明確な形で任天堂が動いた気配はない。

 

その理由をあれこれ詮索するうち、ふと、2013年9月に亡くなられた山内さんが生きておられれば、どんな指示をされたのかと思い当たった。

すると、山内氏と旧知のその方は、「こうおっしゃったと思います」と言ってから、思わず聞き直すほど、意外な話をされた。

イチローは今、その時以来、3度目のFAを迎えている。

11月3日、マーリンズはイチローとの来季契約権を破棄した。

かといって、必ずしも扉が閉ざされたわけではなく、状況次第では再契約の道も残されていたが、先週オーランドで行われたGM会議でマーリンズのマイケル・ヒル編成本部長は「我々は、新しい方向に進むことになった」とイチローとの再契約を暗に否定。

続いて行われたオーナー会議では、CEO(最高経営責任者)のデレク・ジーターが、

「(契約権を破棄した)チーム事情を直接伝えた。分かってくれたと思う」

と話した。

これでマーリンズとの再契約は100%消えた。

 

そんな一方、やはりGM会議の会場でマリナーズのジェリー・ディポトGMは、

「イチローとマリナーズの歴史、関係は大切なもの。彼のレガシーにも敬意を抱いている」

と語り、

「彼がFAになったことは、十分に承知している。これから話し合うことになるだろう。ドアは開いている」

と続けた。

その言葉だけをつなぎ合わせれば、十分に獲得に前向きと捉えていい。

レギュラーの中堅手がおらず、外野手の層が薄いのも事実だ。

もちろん、彼を囲んでいた大半が日本のメディアだったことから、リップサービスの可能性もあったが、イチローの話題を切り出した大リーグ公式ページでマーリンズの番記者を務めるジョー・フリサロ記者に、ニュアンスをどう読み取ったかと聞くと、こう答えている。



「獲得の意思がゼロだとしたら、あそこまで評価するかな」
もっとも、その数日前、

「マリナーズは世代交代を図っている。イチローとの契約の可能性は、限りなく低い」

と 同サイトで、マリナーズの番記者を務めるグレッグ・ジョーンズ記者は、読者の質問に対して答えていた。

それも事実だろう。

ディポトGMもそう話してきた。

しかし、イチローの話題の後、デュポットGMに、やはりFAとなった岩隈久志のことを聞くと、「これからも、彼とは関係を続けたい」とあっさり再契約の方針を認めた。

目下、リハビリ中の岩隈に球団施設を使わせており、その事実だけでも再契約は時間の問題。となると、これも世代交代の方向性に逆行する。

そもそもディポトGMは比較的正直だ。

2012年のオフ、阪神の藤川球児が大リーグ移籍を目指していた。

11月のGM会議で当時エンゼルスのGMだったディポトに藤川への興味を聞くと、「ある」とはっきり明かした。

果たして、FA選手との交渉が解禁になったあと、エンゼルス・スタジアムで張り込んでいると、姿を見せた藤川を球場の入り口で迎えたのがディポトGMだった。

イチローとの再契約に関しては、わざわざなにかを仄めかす必要はない。

再契約の可能性がなければ、ジョーンズ記者が指摘したように、「世代交代を図っているから」と言えば済む話である。

囲み取材が終わってから二人で話をすると、改めてディポトGMは「話し合うことになる」と口にした。

ただおそらく、イチローとの再契約ともなれば、ディポトGMの裁量の範囲を超えているのではないか。

実はちょうどそのとき、シアトルではマリナーズのオーナーが一堂に会し、会議が開かれていた。

「オーナー会議は毎月、行われている」とディポトGMは説明したが、日本の任天堂の責任者が毎回出席するわけではない。基本的には、1年の収支決算が報告される場だが、当然ながら、補強方針、またその予算なども話し合われる。

イチローを獲得するとしたら、ここで意思統一が行われ、かつてであれば、当然ながら任天堂の意思が反映されたはずだが、球団の所有比率が10%で第3位となった今、影響力がどこまで及ぶのか不透明だ。

だが、仮に今もマリナーズの筆頭オーナーで、山内氏がご健在であれば、どんな判断を下すのか。

話はここで2年前に戻るが、もしも今回、マリナーズがイチローを巡って山内氏の意思を継ぐのだとしたら、想定できる基準が一つある。

マリナーズは情によって動くことはない。

イチローを呼び戻すとしたら、もっと別のところにある。

後はそれが、オーナーグループの総意となるかどうか。

任天堂だけでは、押し切れまい。

いずれにしても最終的な判断は、彼らに委ねられている。

 

イチローはやっぱりマリナーズのユニフォームが似合うなあ!!

 

 

 

-スポーツ, 話題
-, , ,