大牟田4人殺害事件はどれだけ残酷だったか

 


北村実雄、真美、孝、孝紘 全員死刑確定

2010年11月に刊行された『我が一家全員死刑』(コアマガジン、後にコア新書で再刊)は衝撃的な一冊であった。

「人は見た目が9割」ならば確実にお近づきになったらヤバそうな4人の家族の顔写真が表紙にならんでおり、実際、見た目通りヤバかった北村実雄、真美、孝、孝紘の4人は強盗殺人の罪などに問われ、全員死刑が確定している。

本書『全員死刑』は、次男の孝紘の獄中手記を中心に構成された『我が一家全員死刑』に加筆修正し、映画化にあわせて文庫化したものである。

表紙に顔写真こそ並んでいないが、読み直しても彼らの行き当たりばったりで自己中心的な犯行には怖さしか感じない。

 

彼らがどのような犯行に及んだのか。

大牟田4人殺害事件と聞けば思い出す人もいるだろう。

2004年9月18日に家族4人で共謀し、知人の高見小夜子さんを絞殺。その後に帰宅した高見さんの長男とたまたま居合わせただけのその友人を拳銃で撃つなどして殺し、3人の遺体を車ごと川に沈めた。

北村家の兄弟、孝と孝紘は2日前の同月16日にも高見さんの次男の穣吏さんを絞殺して、遺体を川に遺棄した。

 

新聞記事ならばこのような記述になるだろうが、2日で4人を殺す背景にはなにがあったのか。

 

北村家は父親がヤクザの組長だったが(子ども二人もヤクザ)、近年は金策に常に頭を悩ましていたという。

一方、知人の高見さんは違法な金貸しを営み蓄財していたが、ヤクザである北村の威光を借り、メシを食っていた。

北村一家にしてみれば、自分らの家計が火の車なのに、ヤクザの看板をちらつかせた奴らは金がうなっている。

気に食わん、奪っちまえと犯行を思いつく。不条理な話だが彼らとしては筋が通っているのだ。

 

「犯行を思いつく」と書いたが、彼らの行動は呆れるほど無軌道なのである。

殺害方法もとりあえず目の前の人間を殺すことしか頭にないので、場当たり的で、殺した後の死体の処理まで想像力が及ばない。

死体を車に積んだまま街中をふらつき、返り血を浴びているのに、気づかずに買い物する。

金が欲しくて人まで殺したのに事前に被害者から金の隠し場所などを聞き出した様子ももちろんない。

殺人の計画を練りに練って実行されても困るが、ノリで人を殺すような感覚にはおぞましさしか覚えない。

 

前述のように、孝、孝紘の二人は父母に内緒に高見さんの次男をまず殺害しているがこの経緯も驚く。

兄の孝が両親の高見さん殺しの計画を耳にし、親には内緒で金を奪おうとコンビニの駐車場で弟に持ちかける。

“高見家に二千万ある!穣吏がおって邪魔やけ殺す、手伝え! ー略ー
お前に話したからにはバレるかもしれんので女も殺すゾ。それと、この件は両親には絶対秘密ゾ”

持ちかけるというより脅しているだけなのだが、恐ろしいのは本当にそのまま車をぶっ飛ばして殺しに出かけてしまうのだ。一事が万事この調子である。

次男孝紘の手記は殺しの手口や犯行当時の心境を淡々とつづっている。

誰も殺さないから俺が殺したといいたげな英雄気取りの記述が目立つ。

口ばかりで、汚れ仕事を押しつけてくる兄の孝には辛辣な言葉が並ぶ。

だが、本人の思いと裏腹に、犯行に至るまでの詳細な描写は、父や兄に命じられるままだった次男の実像を浮き彫りにしている。

 

逮捕後も反省の弁はない。

“(被害者たちを)かわいそうとは思いますが、申し訳ないとは思ってないです。殺されたのも運命、私が死刑になるのも運命。それに私はヤクザです。親分の命令は絶対なんです”

 

危うきには近寄らない

手記の終わりの方で、ヤクザの論理を突如として振りかざすが、多くの読者は違和感を覚えるだろう。

それまで殺しの快感について幾度も言及している。

それを助長させたのが覚醒剤の使用で、

「薬はいいものだ。何事にも気楽にしてくれるしブレーキを解除してくれる」

とまで言い切っている。

 

悪事に手を染めた者の中には反省するふりをして野に放たれ、再び犯行の機会を狙う者もいる。

彼らの存在も恐ろしいが、問題は我々の想像できる枠内にいるかいないかだろう。

本書を読めば、常人には理解できない行動をとる者が存在し、抗う手がないことがわかる。

危うきには近寄らないに限るのだが、その嗅覚を磨くためにも読むべき一冊かもしれない。

 

非常人がこの世には存在しているんですね。

 

 

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, ,