板尾創路「巨乳グラドル」豊田瀬里奈とラブホ不倫3時間

 

11月上旬のある夜、庶民的なイタリアンレストランに、板尾創路(54)の姿はあった。

この日、板尾は自身が監督を務める映画『火花』のプロモーションを終え、渋谷にやってきたのだ。

 

板尾の向かいの席に座っているのは、巨乳を武器に活動するグラビアアイドル豊田瀬里奈(27)。

2人は閉店時間の午後11時まで楽しく食事を続け、カラオケ店へ。

1時間後に店を後にすると、向かった先はラブホテル。

ホテルから出てきたのは深夜3時半で、じつに3時間以上の「ご休憩」だった。

 

板尾が所属する吉本興業に問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

 

豊田は

「(ホテルでは)映画を観ていただけで、男女の関係は一切ありません」

との回答を寄せた。

 

公開が待たれる注目作をよそに、男の胸中には後悔の火花がむなしく散った。

 

「男女の関係は一切ありません・・・」 名言ですね。

 

 

過去の事件

1994年に18歳未満の少女と淫行をしたとして、青少年健全育成条例違反容疑で逮捕され、罰金30万円の刑を受ける。

このことにより、一時期芸能活動を自粛することとなるが、板尾と関係を持った少女自身が別件で補導された際に板尾との関係を切りだし、板尾に対して18歳以上であると偽って交渉し、18歳未満である事を知らずに同意の上関係を持った事や松本人志の働きかけもあってプロダクションの専属契約解除までには至らず、その結果年内いっぱいの芸能活動を謹慎する処分を受けるに留まった。

 

 

ネット上では、豊田さんが11月14日に呟いていた意味深な内容のツイートが注目を集めている。

続くツイートでは、「おはよう。生きた心地とは 切り替えて今日はナレーション撮りいってきます」としていた。

今回の報道を事前に予告するような一連の投稿に対し、リプライ(返信)欄には

「板尾とのこと?」

「謎ツイートの意味が さっきわかった」

との声が寄せられた。

 

そのほか、妻子ある男性と不倫を疑われるような行動を取ったこと自体を批判するユーザーも多く、

「今年はゲス不倫ばかりでウンザリです」
「ラブホ行って『映画見ただけ 男女の関係はありません』はちょっと苦しい説明やね」
「そもそも嫁がいる男と疑いのかけられる様な行動してる時点で終わり」

といった批判の声が続々と寄せられている。

 

 

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,