日馬富士暴行事件の裏に白鵬“黒幕説”?

 

真相が明らかになるどころか、日を追うごとにグチャグチャになってきた。

 

大相撲・横綱日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件。当初は日馬富士がビール瓶などで一方的に貴ノ岩をぶん殴っていたと報じられていたが、現場に居合わせた横綱・白鵬がマスコミに対して

「ビール瓶では殴ってはおりません」

と報道を否定するコメントを出したのだ。

こうなると、もはや何が真実なのか、誰が何のために「嘘」を言っているのか分からない。

 

16日の取組で、全敗中の格下・栃煌山に対して時間前に立つなど終始落ち着きがなかった白鵬。

同じモンゴル出身の力士が「廃業」のピンチに立たされているとはいえ、あきらかに不自然な動きだった。

こうした動きを見た相撲担当のスポーツ紙記者の間でささやかれているのは「白鵬黒幕」説だ。

 

■今年の初場所14日目の取組が原因か

スポーツ紙記者が「原因」とみているのが今年の初場所。

1月24日の「白鵬VS貴ノ岩」の取組だ。

11勝2敗の白鵬が負けると、13勝1敗だった大関・稀勢の里の初優勝が決まる大一番で、結果は左肩を突き出してぶつかった貴ノ岩が右四つを取ると一気に寄り切り。

わずか10秒ほどで勝った。

たくさんの座布団が飛び交う中、テレビに映った白鵬の表情は同じモンゴル人力士に優勝を阻まれた悔しさが漂っていた。

 

「モンゴル人力士同士の対戦では、相手の置かれた状況を多少は考えるものです。当然、白鵬もそれを期待していたフシがある。ところが、この取組の貴ノ岩は容赦なく、全力で突っ込んできたため、横綱は面食らったと思いますよ。明らかに意表を突かれたような負け方でしたね」(大相撲関係者)

 

貴ノ岩の師匠で、元横綱の貴乃花親方は現役時代、八百長ナシのガチンコ勝負で鳴らした力士として知られる。

今もその方針を徹底。

親方に忠実な貴ノ岩は“同郷のよしみ”など関係ないのだろう。

実際、入門から先場所までの全モンゴル人力士との対戦成績は52勝60敗とほぼ五分五分。“鉄の団結”を築いてきたモンゴル人力士にとっては、貴ノ岩が疎ましがられていたことは容易に想像がつく。

 

「少なくとも白鵬は面白くないと思っていたでしょうね。1月場所で稀勢の里が優勝した結果、14年間途絶えていた日本出身横綱の誕生を許したわけですから」(前出の大相撲関係者)

 

日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は現役時代、週刊誌などで「八百長力士」として名指しされていた人物だ。

きのう(16日)はモンゴル人力士の照ノ富士(伊勢ケ浜部屋)が休場届を提出したが、酒席の貴ノ岩のガチンコ勝負のウラに何が隠れているのか。

 

 

日馬富士が任意の事情聴取に対し、

「礼儀がなっていないので説諭しながら平手で何回かたたいた」

などと説明していたことがわかった。

 

鳥取県警による任意の事情聴取は17日、都内の両国国技館で約8時間にわたって行われ、日馬富士は17日午後9時過ぎ、国技館をあとにした。

関係者などによると、事情聴取に対し、日馬富士は、

「貴ノ岩の礼儀がなっていないので説諭しながら平手で何回かたたいた」

「カラオケのリモコンでも軽くたたいた」

と説明したという。

 

一方で、「ビール瓶では殴っていない」とも話しているという。

また、日馬富士の関係者への取材で、暴行があったとされる日の翌朝、貴ノ岩のほうが日馬富士のもとを訪れ、謝罪していたことがわかった。

 

 

貴ノ岩が協会に提出した診断書について、作成した病院の医師から診断根拠などのヒアリングを実施したところ、新たな事実が判明した。

診断書には

「(1)脳振とう(2)左前頭部裂傷(3)右外耳道炎(4)右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」で

「全治2週間」と記されていた。

これについて、協会側の聞き取りに対する病院の医師による説明の要約は以下の通り。

 

(4)の頭蓋底骨折と髄液漏れは、ともに「疑い」である。

精密検査で骨折線とも考えられる線が確認されたが、過去の衝撃が原因で生じた可能性もあり、今回の傷害と因果関係も分からない。

また、実際に髄液が漏れたという事実はない。

いずれにせよ「全治2週間」というのは貴ノ岩が負傷した10月26日から11月8日までの2週間という意味だ。

 

11月9日の時点で相撲を取ることを含め仕事に支障がないと判断し、退院とした。

貴ノ岩の病状についても、現状は問題がないという認識で

「当病院としても、重傷であるように報道されていることに驚いている」。

病院の認識が相撲を取ることに「支障がない」にもかかわらず、貴ノ岩が九州場所を休場したことは不可解極まりない。

 

貴乃花の意図もいまいちわかりませんね。

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,