大阪桐蔭最強世代のマルチな男・根尾昂。

 

松坂大輔のいた横浜高以来となる4大大会制覇の偉業は、最初の大会で潰えた。

今年の春のセンバツ王者にして、ドラフト候補4人以上とも言われるタレント集団大阪桐蔭が、神宮大会の準決勝で姿を消した。

根尾昂、山田健太、柿木蓮、藤原恭大――。

チームが誇る投打の主役たちは、2年生のこの春、1度目の頂点に立った。

彼らのほかにもキャプテンを務める中川卓也、190cmの長身から投げ下ろすボールが魅力の横川凱など、とにかく大阪桐蔭に対する評価は高かった。

「全員が何とかしようという気持ちを持っていたんですけど、結果につながらなかった。力不足なところが多かった。技術と気持ちの問題だと思います」

そう落ち着いた話しぶりで敗戦を振り返ったのは、副主将の根尾だ。

中学時代からすでに146kmを投げる投手として、また、たぐいまれなセンスを誇る打者としても注目を浴びてきた根尾は、タレント集団の中にあっても一目置かれている。

内・外野のどこでも守れて、マウンドにも上がる。

この秋の公式戦では11試合で5本塁打。投手として148kmを計測している。

 

「強いというより、体の軸がブレないんです」

「ほんま、なんでこんなに打てるんか、よう分からないですよ」

そう語るのは部長の有友茂史だ。

左打者の育成名人がそういうくらいだ。

確かに、根尾を見ていていつも不思議に思うのは177cm77kgの決して大きくない身体から、どうしてこれほどの力が生まれるのかということだ。

「ペタジーニみたい、と言いたくなるようなスイングですよね。やっぱり、体幹の力が違うんでしょうね」

有友、そして、指揮をとる西谷浩一監督ら首脳陣の誰もが「人並み外れている」と根尾を絶賛する要素は、彼の体幹だ。

従来の野球選手とは一味もふた味も違うこの部分こそが最大の長所なのだ。

西谷監督は言う。

「身体が一切ブレずに体幹を使える。強いというより、体の軸がブレないんです。チームの中でも抜けています」

 

大阪桐蔭でも目立つ体幹は、どう身につけたか。

根尾の体幹が人並み外れているのは、野球以外のスポーツで培った力が大きい。

中学時代、アルペンスキーの男子回転で全国大会の頂点に立ち、世界大会も経験した。

高校に入る前の時点ではスキー歴の方が長いくらいで、野球を本格的に始めてからもオフシーズンには必ず雪上に足を運んでいたほどだ。

体幹の強さは、そこで得たものだと根尾はこう語っている。

「スキーでは頭が落ちたり前にぶれた時点で、ミスになって転倒したり、バランスが崩れるんです。

そうしないために、身体がブレないように鍛えてきました。下半身を動かした上で、身体がブレないというのがスキーでついた力です」

そう大きくない体躯ながら、打球がスタンドまで飛び、守備面では身体を反転させる動きがずば抜けて速く、投げればストレートが148kmを計測するのはそのためだ。

「ピッチャーをやっている時の、一塁ベースのカバーも速い」

と有友部長が付け加えてくれたが、体幹の力が生きているのだ。

 

個人競技の経験が、野球でも生きている?

最近のスポーツ界では、多種の競技を経験することが重要だという考え方が広まっている。

運動神経が発達しやすい、特にゴールデンエイジと呼ばれる年齢の時に、1つの競技ではなく、多くのスポーツを経験することで神経系が発達する。

特定の競技の同じ動きで身体を鍛えるのではなく、競技によって異なる動きを体験していくことで、体ができることが増えるという考え方である。

現役のプロ野球選手の中にも、幼少期に他スポーツをしてきたというケースもなくはない。

例えば、前田健太(ドジャース)、藤浪晋太郎(阪神)、菊池雄星(西武)、大谷翔平(日本ハム)が水泳をやっていたと聞くが、彼らがそろって投手なのは、水泳の何らかの動きがその後に関係しているかもしれない。

根尾は岐阜県の飛騨市出身という地域性も手伝って、スキー競技に取り組んでいた。

それも「習い事」に収まらない高いレベルであったため、今になって野球に生かされているというのは興味深い話であろう。

「体幹の強さに加えて、個人競技をやってきた強みというのもあるかもしれないです。根尾は練習中に群れたりしません。1人でなんでもしようとする。

何事にもブレることはないですし、そこは根尾の強さなのかもしれないです」

と西谷監督は根尾が培ってきたものに関心を寄せている。

 

根尾もまた、最近流行りの文武両道アスリートである。

そして、もうひとつ、彼を支えているのが物事を冷静に見つめる力だ。

インタビューでの理路整然とした言葉の並べ方は、高校球児の中では突出している。

履正社の安田尚憲の語り口が知的で、日本史など勉強に力を入れてきたことで「考える力」が養われているからと書いたこともあるが、根尾も同じタイプといえる。

根尾も学力優秀で、中学時代はオール5。

ご両親がともに医者で、兄は大学の医学部に通い、姉も看護師だ。

根尾は小学生時代からの日々をこう振り返る。

「特に勉強をしろと言われたわけではありませんが、勉強をするのが当たり前というか。小学校の生徒数が少なかったので、友達同士お互いを意識できて、負けたくない気持ちがありました。

先生は個別授業に近い形で教えてくださっていたので、濃密な勉強ができていたと思います」

根尾の勉強法は、しっかりと授業を聞くことだ。

先生を「自分の知らないことを教えてくれる存在」としてリスペクトし、どんな言葉も聞き漏らさない。

授業が終われば、その日には何を学んだのかをノートに整理する。

「中学時代はオール5を目指していたわけではなく、どの教科でも手を抜かないという意識を持っていた」

と根尾はいう。

 

短い勉強時間は、逆に集中力の向上をもたらした。

大阪桐蔭に入学してからは練習時間が長い分、多くの時間は取れなくなったとはいえ、学校、グラウンド、寮の間の移動時間や就寝前の30分などを使って、今でも勉強は欠かさない。

根尾はそうした短時間の勉強から、中学時代までと違う効果を感じているという。

「いま、勉強は30分くらいしかできていないんですけど、そのおかげもあって集中力が高まっているように感じます。30分くらいの勉強をするのと同じように練習に励んでいるので、時間が過ぎるのが早く感じるようになってきました。

僕にとって知らなかったことを知ることができる、できなかったことができていくことが嬉しいです。得意なことは勉強の教科にしても、野球にしても伸ばした方がいいと思って取り組みます。どうしても分からない所がある時も、理解できる努力をして(苦手を)消していくことが大事なのかなと思います」

マルチな才能があるのは、彼のこれまでのルーツ、すべてが支えている。

他の競技の力を生かし、勉強で培った物事を見つめる力、そして集中力を野球の中にも生かしていく。

野球界には彼のような成長過程を踏んだケースはそうないだろう。

 

まだドラフト1位候補ではない。しかし伸びしろ十分。

西谷監督は言う。

「根尾は勉強にしても、野球にしても、何をするにしても、完ぺきにこなしたい性格なんです。勉強をやっているから野球がおろそかになるのは嫌だし、野球をやっているから勉強ができないと思われるのも嫌。バッティングも、守備も走塁も一切手を抜かない。しっかりとやりたいんですよ。

だから、僕らとしてはパンクしないように見守ってやりながら、彼の気持ちを認めてやらないといけないと思っています」

実は、今の根尾にはまだ課題がある。

ドラフト1位候補と呼ぶには、守備の安定感、バッティングの確実性などは物足りないレベルといえるだろう。

しかし、彼は勉強がそうであるように、コツコツと積み重ねていくことができる性格だ。

文武両道を実践し、長所を伸ばし、短所を消していく姿勢は日ごろから心がけていることで、それは。これからも彼の強みとなっていくはずだ。

「疲れはなかったです。調子が悪いわけではありませんでした。でも、そういう風に『疲れはあったか? 』と思わせるようなピッチングを見せてしまったのは僕の力不足です」

敗れた神宮大会の準決勝は6回からマウンドにあがったものの1失点を喫した。

記者の見立てを読みとり、その先を行くような返答は見事としかいいようがない。

まだ最終年の1大会を終えたばかり。

この敗戦をどう糧にしていくのか、静かに見守りたい。

 

まさに「マルチ人間」ですね。

 

 



-いい話, スポーツ
-, , , , ,