【日馬の暴行】藤田紀子が相撲界のしきたりを明かす

 

16日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、女優・藤田紀子が、相撲界のしきたりを明かした。

番組では、横綱・日馬富士(伊勢ヶ濱部屋)が、貴ノ岩(貴乃花部屋)に、酒の席で暴行をふるいケガをさせた事件について取り上げた。

スタジオに貴乃花親方の母親でもある藤田を招き、事件の真相に迫った。

その中で「貴乃花親方の不可解な点」と題し、

「被害届提出後の相撲協会の聴取に『分からない』」

「貴ノ岩の診断書は9日付だが相撲協会への提出は13日と遅れた」

という2点に注目して、MCの坂上忍が藤田に意見を求めた。

貴乃花親方が相撲協会の聴取に「分からない」と答えたことについて坂上は

「これ分かってないはずはないですよね?」と切り込むと、

藤田は

「分かってても言えないっていうことだと思う」

と坂上と同じ見解を示した。

また、藤田は「両親方とも語っていない」「語れないんだと思う」とし、

「相撲は本場所が1番(最優先)」

「場所が近いし(もしくは)場所中だから、何も喋っちゃダメという感じになる」

「だから喋ってはいけないんですよ」



と、相撲界での空気感やしきたりを明かしたのだ。

一方で藤田は、今回の事件では場所前に被害届を出すなど、貴乃花親方がトラブルを明るみにしたことから「(後回しにせず)明かしたほうが良い」という思いを感じたという。

藤田の見解を踏まえ、坂上は「そっちの世界(相撲界)の人のルール」「(一般の人は)口開かないのはダメでしょって思ってる方は多いと思う」と厳しく指摘。

 

また、坂上は相撲界特有の「しきたり」を脱することで相撲人気復活の要因にもなったが、元に戻りつつあるのではないかと危惧した。

すると藤田は、亡くなった前貴乃花親方とのエピソードを語った。

かつて、藤田は前貴乃花親方に改善など自身の意見を訴えた際

「お前バカだな…(やってきたことを)変えようと思ったら100年かかるよ」

と言われたこともあったのだという。

当時、藤田はすぐできると思ったことは「あなたがやったらいい」と奮い立たせる意味も込めて言っていたそうだが、今までやってきたことを変えることは容易なことではないと反論されていたのだとか。

坂上は、驚いた表情を浮かべつつ「今の言葉は重いなあ…」と漏らす。

その後、坂上から相撲界における貴乃花親方の立場について聞かれた藤田は、昨年の日本相撲協会の理事長選に名乗り出たことをあげ「ちょっと早いな」「焦らなくていい」と思っていたと明かしていた。

 

全ては場所終了後に判明するんでしょうね。

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,