トランプ氏がべた褒めした日本人 とは?

 

「男子ゴルフ・ダンロップフェニックス」

(16日開幕、フェニックスGC=パー71)

開幕前日の15日、今季国内ツアー初参戦となる松山英樹(25)=LEXUS=が会場の宮崎県フェニックスCCで行われたプロアマ戦に参加。

3週前のHSBCチャンピオンズ以降の過ごし方を問われ、

「トランプさんとゴルフしたくらいですかね」

と冗談めかした。

5日に埼玉・霞ケ関CCで安倍首相、トランプ米大統領とラウンド。

「久々に緊張して1番のティーショットを打ちました」と振り返り、

「(自分のショットが)隣のホールに行ったりしたので、あまり話はできなかった」

と苦笑い。

 

会話は少なかったが、トランプ氏は1980年の全米オープンで2位に入った青木功に触れ

「『青木のパットがすごかった』ってずっと言ってました」

と明かした。

一方で「来年の4月に向けて」と、マスターズで勝てるスイングの習得を本格化。

「ドライバーの距離は出るけど、OBも多いということは自覚しています」

と飛距離、精度、双方のスキルアップに重点を置く。

その取り組みの中「どれくらいプレーできるのか」と今大会、ホストプロとしての好プレーも約束した。

 



予選ラウンドの組み合わせが14日、発表され、今季国内ツアー初参戦の松山英樹(25)=LEXUS=は尾崎将司(70)、宮里優作(37)と同組となった。

松山と尾崎将が一緒に回るのは2013年ダイヤモンドカップ予選ラウンド以来、約4年5カ月ぶり2度目だ。

 

ギャラリー沸騰必至の豪華ペアリングが実現した。

異例とも言える45歳差の直接対決を伝え聞いた中嶋常幸は「まじで?おいおい…」としばし絶句。

百戦錬磨のレジェンドも驚きを隠せなかった。

 

松山はこの日、中嶋、石川遼と練習ラウンド。エースドライバーが割れてしまったため、新たなクラブを試打した。

 

報道陣に対応しなかった本人に代わって中嶋は

「(松山の調子は)足踏みの状態だけど、新しいドライバーがどれだけなじむかにかかってくる」

と指摘した。

ジャンボの前で、松山はどのようなプレーを見せるか。

一方のジャンボはどうか。

注目が集まる。

 

レジェンド、青木、尾崎・・・いつまでできるか・・・頑張れ!!

 

 

-スポーツ, 話題
-, , ,