「加計学園」新たな不正疑惑 も・・・

 

文科省・大学設置審の答申を受け、14日、林芳正文科相から獣医学部の新設を正式に認可された加計学園。

また新たな疑惑が噴出している。

 

問題になっているのは、加計学園が認可される前に学生を募集していた可能性があることだ。

文科省の規定では、認可前に、募集要項の配布など学生募集は一切行えないことになっている。

ところが加計学園は、獣医学部の定員140人のうち、20人を韓国の留学生枠として募集していた疑いを持たれているのだ。

 

今月4日、加計学園はソウルで韓国人留学生向けの入試説明会を開催。

「卒業後は韓国で獣医師になれる」と強調し、

「韓国より簡単」と参加した学生にも好評だったという。

 

もし、この入試説明会で、募集要項を配っていたら完全にアウト。

認可取り消しもあり得るのだ。

 

加計学園に事実関係と見解を質問したが「きょう中の回答は難しい」とのこと。

文科省の大学設置室は「担当者不在」を理由に未回答だった。

 

「野党は加計学園が規定違反をしていたかどうか、徹底的に追及する予定です。なにしろ、獣医学部がスタートしたら、毎年、巨額の助成金が支払われる。加計学園の加計孝太郎理事長の証人喚問も要求する予定です」(政界関係者)

 

■「答申2カ月遅れ」に他校カンカン

さらに当初、8月に出されるはずだった認可が2カ月遅れたことで、思わぬ“しわ寄せ”が出ている。

教育学部など設置審に学部の新設などを申請したのは、加計学園の他に16校あった。

この16校の答申も遅れてしまったのだ。

少子化で学生確保に必死の大学にとって、2カ月の遅れは死活問題である。学生を募集する期間が短くなるからだ。

 

今回、学部新設を申請し、認可を得たある大学の担当者がため息交じりにこう言った。

「学生数のパイが限られている中で、学生募集のスタートが2カ月以上も遅れたのは正直、痛いですよ。せめて、問題のない学校だけでも先に答申してくれればありがたかった。ただ、文科省から答申が遅れている理由の説明はありませんでした。

私たちの申請が原因で遅れているのかもしれず、待つしかなかった。これから急ピッチで開学準備を進めるしかありません」

加計学園は、お祝いムード一色。
週刊朝日によると、学園幹部は「学生の募集、集まり具合はどうか」とゴキゲンだという。



-事件・事故, 国内, 話題
-,