49歳・人妻市議 男性議員と二股ダブル不倫

 


手はしっかり握られていた(左が輿石氏、右が斉藤氏)

 

〈横浜市議とさいたま市議がダブル不倫しています。LINEの生々しいやりとりもあります〉

総選挙真っ只中の10月上旬、本誌・週刊ポストに一通の情報提供メールが届いた。

名前が挙げられたのは、自民党横浜市議の輿石且子氏(こしいし・かつこ、49)と、自民党さいたま市議の帆足和之氏(59)。共に既婚者で、子供を持つ身である。

提供された膨大なLINEのやりとりはあまりに生々しい。

文面からは1年ほど前から2人が男女の関係にあるように窺える。

今年の8月25日には、“お泊まり”の約束が交わされた。

 

帆足:熊本は行くでしょ?

輿石:行くよ(ハート)

帆足:2人部屋をうまくとってね

 

「熊本」とは、11月1日に熊本県熊本市で開催された「自由民主党政令指定都市議員連絡協議会・議会議員連盟合同総会」のことを指している。

年に1度開催され、全国20の政令指定都市の自民党市議が一堂に集まる会合である。本誌記者は熊本に飛んだ。

 

◆艶かしい声が響いた

総勢300人以上の市議が集まり総会が始まった。

夕方には交流会が始まり、21時頃には会場のホテルロビーにほろ酔い姿の市議が溢れ、記念撮影や連絡先交換などを行なっていた。

その後、市議たちは三々五々ホテルを出て二次会、そして三次会へ。帆足氏は男性議員らと街へ繰り出し、23時を過ぎてもホテルに帰らない。

今日は会わないのか? 記者は“空振り”に落胆しつつ、先に市議たちが宿泊するホテルに戻ることにした。

 

そこで思いがけない出来事が起きた。

輿石氏と同じフロアに部屋を取っていた記者が廊下を歩いていると、艶かしい声が響いたのである。

“出元”は輿石氏の部屋だった。

 

でも、帆足氏はまだ戻ってきていないはず。

いや、もしかしたら先回りして、この部屋に滑り込んでいたのかも……。

 

それからしばらく経つと、部屋から男の大きなイビキが聞こえてきた。

出てくる帆足氏の姿だけでも確認しようと、翌朝、部屋のドアを観察していると、午前8時にドアが開き、バスローブ姿の男性が現われた。

 

えっ!? 帆足氏……ではない!

 

はだけたバスローブから大きなお腹を出した男性は、記者と目が合うと、「おはようございます」と物腰柔かく挨拶して隣の部屋に入っていった。

男性は、輿石氏と同じ横浜市議の斉藤達也氏(44)だった。

 

◆「夫を愛していますから」

その日、空路羽田空港に帰京した輿石氏と斉藤氏は2人でカフェへ。

2時間後、立ち上がった2人は、おもむろに見つめ合った。

すると輿石氏が斉藤氏の顔を両手で挟み、勢いよくキスをしたのである。

 

その間、約3秒。唇が離れると、斉藤氏はうっとりとした表情を浮かべた。

隣の10代らしき女性たちが、「情熱的なおばさん!」と思わず口にしたのも気にせず、2人は仲良く手を繋いで店を去っていった。

 

それにしても輿石氏はどちらの男性議員と交際しているのか、それとも両方? 斉藤氏も既婚者だから、やはりダブル不倫なのだが……。

「今、ムンバイ(インド)を視察中です」という輿石氏に国際電話で直撃した。まず斉藤氏との関係について尋ねると、「不倫ではない」と繰り返したが、写真があることを伝えると、対応が変わった。

「私はハグやキスをよくします。それは感謝の意味ですよ。私は日本に『ハグ文化』を広めたいんです」(輿石氏、以下同)

 

──斉藤氏はあなたの部屋に泊まっていましたよね?

「荷物を取りに来た時のことかなァ……そうね。(朝まで)いましたね。でも、私はギリギリのところで守りますから」

 

──性行為はしていない? 廊下まで声が響いていましたが……。

「えぇ。声は(あなたの)気のせいです。私は疲れて寝ましたから」

 

──帆足氏とのセクシャルなLINEのやり取りは?

「私はそれくらいの“小洒落た会話”は、どなたとでもするので」

 

──でも、文面からはどう見ても肉体関係があるようにしか思えませんが。

「違います。よく“且子、ゆるいから気をつけろよ~”って、言われますが、私はそういう人間じゃありません。ちゃんと夫を愛していますから!」

 

斉藤氏は弁護士を通じて、

「不貞関係にはありません」とだけ答え、

帆足氏も弁護士経由で、

「男女関係はございません。LINEの文章中に不適切な表現を含んでいたのであれば、今後は十分に注意したいとのことであります」

と回答した。

 

輿石氏らの熊本入りは私的なお楽しみ旅行ではなく、れっきとした政治活動のはず。

ハグ&キス文化を広めるより他にやることがあったのではないか。

 

提供された膨大なLINEのやりとりは生々しい。

例えば昨年12月4日には、次のようなやりとりがあった。

 

輿石:カズくん欲しい

帆足:ペニス? 舐めてくれる?

輿石:はい 好きだもん

 

また今年1月11日には、

帆足:このケツと腰の痛さはセックスのしすぎだ

輿石:でもまたしたい?

帆足:また、顔の上またいで欲しい(ハート)

 

議会では神妙な顔をしている2人のセンセイが顔をまたぎ、またがれ……。

想像するのも躊躇われるが、1年ほど前から2人が男女の関係にあるように窺えるものだった。

 

なお、輿石氏、帆足氏、斉藤氏は週刊ポストの取材に対し、そろって不貞行為を否定している。

 

よっぽど好き者なんですね・・・

公然とキスしておいて、アホじゃないですか?

税金返せよ!!

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, , , ,